OKStars インタビュー

Vol.203 乃木坂46

生田絵梨花

OKStars Vol.203には乃木坂46の生田絵梨花さんが登場!映画『ハンガー・ゲーム』日本語吹き替え版にルー役として声優初挑戦された生田絵梨花さんへのインタビューとジャパン・プレミアの模様をお送りします。

映画『ハンガー・ゲーム』ご覧になられていかがでしたか?

『ハンガー・ゲーム』はどこも目が離せなくて、私もゲームの世界に入ったように食い入る様に観ちゃいました。ゲームに参加するひとりひとりにドラマがあって、常に進んでいく感じで、ハラハラ、ドキドキできる映画です。

今回『ハンガー・ゲーム』日本語吹き替え出演の座をかけて乃木坂46のメンバー内で「声優サバイバルオーディション」が行われたそうですが、当日に知らされたんですよね。

はい。急すぎてびっくりしました。オーディションではなるべく棒読みにならないようにと、自分なりにこういう感情なんだろうなと考えながら練習しました。

実際にオーディションで選ばれていかがでしたか?

『ハンガー・ゲーム』という素晴らしい、大きな作品に関われるということで、本当に嬉しかったです。もともと声のお仕事がしたいとも思っていたので、まさかこんな風にできる日が来るとは思っていなかったので、嬉しさでいっぱいです。

『ハンガー・ゲーム』は全米4週連続1位、世界中で大ヒットしていますが、プレッシャーなどありましたか?

説明を受けた時にそういったお話も聞いて、これは責任重大だと思いました。

『ハンガー・ゲーム』日本語吹き替え版で主役カットニスの水樹奈々さんをはじめ、人気・実力を兼ね備えた声優の方々が参加していますがそのあたりはいかがでしたか?

そのこともすごくプレッシャーでした。私が声を入れる時はひとりでしたけど、私の後に水樹奈々さんらが声を入れられるとのことでしたので、私の声を聞いて違和感がないようにと一所懸命やりました。

実際吹き替えをやってみていかがでしたか?

今回が声のお仕事は初めての挑戦で、思っていた以上に難しかったです。こう言おうという工夫はしていたんですけど、吹替えの音響監督さんから独り言を言っているみたいだと言われたり、なかなか難しかったです。そんなにルーは喋らないキャラクターですけど、この子は喋らないのかな?とみんなが思うところで喋り出すので、そこで印象づけられるようにと演じました。

『ハンガー・ゲーム』見どころをお願いします。

『ハンガー・ゲーム』は選ばれた24人ひとりひとりの物語だと思います。観る時はひとつの感情では言えなくて、物語の背景なども考えると、さらにいろんな感情が沸き上がっていろんなことを考えさせられるので、とにかくどこも目が離せないです。

>意外とサバイバルだけではないんですよね。カットニスとピータの関係とか。

サバイバルの中にも恋愛みたいな感情とか、人間の本来の輝きみたいなものも感じられて、人間って深いなって思いました。

もし生田さんが「ハンガー・ゲーム」に参加することになったらどうしますか?

私だったらゲームが始まったらすぐ他の参加者から逃げます。とにかく逃げ切ろうとしますね。

今後の抱負をお聞かせください。

まだ高校1年生ということもあるので、できることを何でもチャレンジして、全部に気を抜かずに全力投球していきたいです。まだまだ努力しないといけないですし、同年代の子達は将来の道が何であろうと勉強してコツコツ積み上げているので、私も自分を見失わずに自分の得意なものやできることは全部最後まで続けていきたいです。

>乃木坂46としてはいかがでしょう?

乃木坂46はライブをあまりやってこなかったので、その部分のパフォーマンス力を上げていって、いろんなところでのライブや大舞台を経験したいです。

生田絵梨花さんからみなさんに質問!

私はちゃんとルー役ができていたでしょうか?
『ハンガー・ゲーム』感想と合わせてぜひお願いします。

Information

『ハンガー・ゲーム』
2012年9月28日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー!

僅かな富裕層のみが住むことを許された都市キャピトル。冷酷な支配者たちは、かつて自分たちに反乱を起こした12の地区からそれぞれ“ゲーム”に参加する男女2人を選出する。選ばれた者たちは、最後の1人になるまで戦い続けなくてはならない。最後1人とは、生き残る者を指す。この命を懸けた“ハンガー・ゲーム”の様子は、全国でテレビ中継され、そしてその勝者は巨万の富を得ることができるという。第12地区に暮らすカットニスは、幼い妹の代わりに自ら出場を申し出る。そして同じ地区から選ばれたピータと共に、命と愛、そして人間性と生き残りの葛藤のなか、戦いに挑む。

主人公カットニスを演じるのは、2011年アカデミー賞主演女優賞ノミネートの実力派ジェニファー・ローレンス。監督は『シービスケット』のゲイリー・ロス。全世界が映像化を熱望した超大作がいよいよ日本公開!

公式サイト:http://www.hungergames.jp/
配給:角川映画
(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

Profile

生田絵梨花

1997年1月22日生まれ、
乃木坂46の選抜チームメンバーであり、フロントメンバー<七福神>のメンバー。

公式ブログ:http://blog.nogizaka46.com/erika.ikuta/

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。