OKStars インタビュー

Vol.214 女優

梅宮万紗子

OKStars Vol.214には女優の梅宮万紗子さんが登場!ベストセラー小説、映画、そして舞台化される『引き出しの中のラブレター』についてお聞きしました。

常盤貴子さん主演の映画『引き出しの中のラブレター』について感じたことをお聞かせください。

すごく悲しすぎる、とか誰か亡くなったりするわけではないのに、すごくジンとくる物語で、優しい映画で好きでした。ぞれぞれの登場人物が後になってつながる構成が好きでした。

舞台『引き出しの中のラブレター』主演へのご感想をお聞かせください。

今回は、二日間にわたるオーディションに受かっての出演なので本当に嬉しかったです。
舞台のストーリーは、映画から、また新しく構成されているという点で、新鮮な気持ちで取り組めました。映画のファンの方々が集まって、舞台化の企画が始まったそうなのですが、プレッシャーより「たくさんの応援者がいてくれるんだ」、と思うようにしました。

どんな風に役作りをされましたか。

今の自分だったら、父や母、兄弟にどんな「ありがとうの手紙」「ひどい文句の手紙」を書くかなと思って、家族には見せませんが、家族宛てに手紙を書きました。そのあと、父と母だったら、それぞれ家族にどんなことを書くかな?と、両親が私たち兄弟に書くかな、とおもう手紙を自分で書いたりしました。
きっと、両親は内心、結構シンプルに私たち子供を案じているだろうな、と勝手に父と母の気持ちをわかってあげられた気がしました。

稽古はどんな様子でしたか。

長時間一緒の一つのチームで、一体感があって、すごく楽しかったです。でも、「楽しいな~」とおもって油断していると、すぐミスをするので、うかうかしていられない感じでした。

「ラジオ」についてのエピソードがありましたらお聞かせください。

中学生の頃、姉の真似をして、洋楽を聞きたい、知りたい、とおもって、よく一緒にクリス・ペプラーさんの番組をJ-WAVEで聞いていました。聞いた後はなんだかすごく、自分が大人になったような気がしていました、思い出すと懐かしいです。

舞台『引き出しの中のラブレター』見どころをお願いします。

家族とのシーンは、きっと誰でも思い当たる部分があると思うのですが、演出だけでなく、この作品の脚本も書いた矢島さんのすごいところだと思いました。家族が、お互いに思いやっているのにぶつかる所、とか私が好きなところです。あと、種子さん(※ラジオパーソナリティの役をされています)のシーン、本当に楽しいですからぜひ見て下さい。

当公演から離れた質問ですが、これからやってみたいことは?

自分がやりたかった作品を舞台でやりたいな、と。
それと10年くらい好きで我流でしていたのですが、ここ半年程、通っているマクロヴィオティックのお料理教室、次のクラスも受けたいな、と思っています。なんか、性格も良くなるらしいです(笑)。冗談でなくて本当に。お教室に来ている方々、みなさん、びっくりするほど本当に優しくて、今は私のヒーリングタイムです。

梅宮万紗子さんご自身の“モットー”をお聞かせください。

人生は、経験して味わう事。嫌なことも恥ずかしい過去も、何でも糧にできると思います。

では最後にOKWaveユーザーにメッセージをお願いします。

舞台『引き出しの中のラブレター』、映画が好きな方にも、まだ見ていない方にも、皆さんに楽しんで頂ける作品に仕上がったと思います。皆さんの大切な人は誰かな?と考えてもらえたら…と。
私もまだ見ていないのですが、劇場の入り口からJ-WAVEの作りになっているそうです。私も楽しみです。是非、劇場までいらして下さい。

梅宮万紗子さんからOKWaveユーザーに質問!

実は、やりたかった作品、作ってみたいショートフィルム、とか考えたりしていて思ったのですが、

たとえば、世の中の観点からしてNGトークとか、NGなテーマの映画、作品があったとして、
どういうときに、どういうことがあったらそれはOKって思ったことがありましたか?

なんか、ややこしい質問でごめんなさい。そんなエピソードがあれば聞いてみたいです。

Information

舞台『引き出しの中のラブレター』
2012年11月17日(土)~25日(日)

下北沢 駅前劇場(東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F)
映画から3年。『引き出しの中のラブレター』が舞台で蘇る。
新たな手紙<ストーリー>が紡ぎ出す、家族の再生の物語。

脚本・演出:矢島弘一
出演:梅宮万紗子 曽世海司(Studio Life) 加治将樹 本間剛 種子
山口芙未子 平野勇樹 笹嶋和人 稲垣希 田口治
矢島弘一 / 藤井びん

料金:全席指定 前売4,500円(税込)、当日4,800円(税込)

http://www.tokyomahalo.com/

Profile

梅宮万紗子

1977年6月11日生まれ、A型
TVドラマや舞台などで活躍中。

オフィシャルブログ「UMEMMY SHOWS

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。