OKStars インタビュー

Vol.216 舞台鼎談

林剛史、前川紘毅、中村龍介

OKStars Vol.216には、2013年新春に公演される『ドリームジャンボ宝ぶね~けっしてお咎め下さいますな~』に出演する林剛史さん、中村龍介さん、前川紘毅さんが登場!同公演のことを中心とした鼎談インタビューをお送りします!

まずはじめに、この『ドリームジャンボ宝ぶね~けっしてお咎め下さいますな~』というタイトルを聞いてどう思いましたか?

林剛史 : ドリームジャンボ宝くじと宝船ということで、ポップでハッピーなイメージが最初に浮かびました。

前川紘毅 : 脚本の穴吹一朗さんらしいな、というのと、すごく楽しそうなタイトルだと思いました。

中村龍介 : 僕は神様が出てくると思いました(笑)。七福神が出てくる感じなんだろうなと思いました。

あらすじを読むと、盛りだくさんというか…そのあたりはいかがでしょう?

>この雰囲気、前川さんと中村さんはそれぞれ出演された「新春戦国鍋祭」や「大江戸鍋祭」に通じるものがあると思いますが、林さんはいかがでしょう?

林剛史 : 舞台だけでなく、ライヴもそうですけど、とくにこういったタイトル、手法では、新年早々に来て下さったお客さんと一緒に舞台の空気を楽しんで、僕達も楽しく演じて、お客さんも「新年早々良い舞台が見れたな」という舞台を作れればいいなと思います。

前川紘毅 : 「新春戦国鍋祭」に出た時にダンスがあったんですけど、僕はできないので…

林剛史 : ダンスは僕も苦手です(笑)

前川紘毅 : 僕は本当に苦手で、「これが人生の最後の機会になってくれ!」と前回思ったので、今回無いのを祈っています(笑)。

中村龍介 : そりゃあるでしょう(笑)。

前川紘毅 : これって踊れないのをネタにするんですよね…(笑)

林剛史 : 踊れないキャスティングなんですね(笑)。植草克秀さんはうまいでしょうね。僕は一番後ろでいいです。何なら隠れていてもいいです(笑)。

>(笑)。では中村さんはいかがですか?

中村龍介 : 楽しいのは保証されているので、自分たちも楽しみつつ、役者陣からにじみ出たものをお客さんに伝染するように受け取ってもらえればいいなと思います。それと「大江戸鍋祭」に出た時に思ったのは、面白いだけではなくて何か伝わるものがあったので、今回も面白いプラスアルファを感じてもらえればと思います。

今回みなさんは初対面ということですが、他のキャストの方も含め、キャストに関する印象などをお聞かせください。

林剛史 : 思っていたよりは知り合いの人が多かったですけど、前川さんと中村さんのおふたりをはじめ初共演の方がほとんどなので、何か刺激をいただいて勉強できればなと思います。

前川紘毅 : 「新春戦国鍋祭」に出られていた方が多いので、名前を見て一瞬安心しましたが、飲みに連れ回された方々ばかりなので(笑)、今のうちから体力をつけておこうと思いました。

林剛史 : 飲む方多いんですね?

前川紘毅 : 変な人が多いんですよ、とくにこの妖怪界の上のふたりは(笑)。コバケン(小林健一)さんは自分でやった舞台「誇らしげだが、空。」にも出ていただいて、仲良くさせていただいているので、とにかくウコンの力に頼っていきたいです。

中村龍介 : 僕も友達が多くて、半々くらいですけど、どうせこの舞台を通せばみんな仲良くなるんだろうなと(笑)。だから逆に今は新鮮ですね。こう、まだモジモジしている感じが貴重な経験です(笑)。

今日の撮影用の衣装はいかがですか?

林剛史 : 純粋に格好いいなと思いました。普段は着ないような格好ですし、サスペンダーは人生初ですね(笑)。

前川紘毅 : 僕は普段はミュージシャンとして活動しているので、こういう衣装が着られるのが舞台ならではだと思うので、着ると楽しいしワクワクしてます。

中村龍介 : ペリーみたいですね。黒船と宝船がかかってるんですよね?(笑)

みなさんの演じる歴史上の人物やこの明治維新という時代についての印象は?

林剛史 : 妖怪は別ですけど(笑)、新選組や歴史上の有名な方の名前が多いので、その中で僕の演じる板垣退助も皆さんいろんなイメージがあると思います。例えば漫画の中だけでもいろんな描き方がされていますし、何が正解かは正直分からないので、僕は自分なりの精一杯の板垣退助を演じられればいいと思います。

前川紘毅 : 西郷隆盛という人物は、今回の役の中で唯一会ったことがないのに喋り方を何となく知っている方だと思います(笑)。なのでその「~でごわす」というセリフの語尾であったり、キャラクターも犬を連れて恰幅の良いイメージが大きいので、その通りになるのかそうでないのか、これから決めていくのが楽しいだろうなと思います。

中村龍介 : 僕は役者を始めて4年目ですけど、やりたかったのが新選組なんですよ。とくに演じたかったのが沖田総司だったので、今回演じられることに今まで無いくらいにテンションが上がっています。演技プランは台本が上がってきたら考えますが、今まで沖田総司はいろんな人が演じてきましたけど、どこにも属さないオリジナルの沖田総司を演じたいと思います。

『ドリームジャンボ宝ぶね~けっしてお咎め下さいますな~』の意気込みをあらためてお聞かせください。

林剛史 : 稽古期間も1ヶ月近くあると思うので、中村さんが仰ってましたけどみんな仲良く、切磋琢磨いい舞台を作ってそれをお客さんに楽しんでもらうのが一番だと思うので、1月6日から新年早々楽しい舞台に来てもらえればいいなと思います。

前川紘毅 : 新年一発目になるので、きっと来られる方も正月休み中の方も多いと思うので、2013年に夢を持てるような時間をみんなで楽しく作れたらなと思います。

中村龍介 : 悔いなく全力で楽しみます。

新年一発目というお言葉もありましたけど、年越しをしてすぐに始まるということについてはいかがですか?

林剛史 : 僕は出身は関西なので、毎年、年末年始は実家に帰ってたんです。地元で友達とカウントダウンしてましたけど今年は無理だろうなと思うので、初めて東京でカウントダウンの時を過ごすので気持ちの変化もあると思います。年明け早々にここまで早くに始まる舞台もなかったので、新しい気持ちでできると思いますし、新鮮で楽しいと思います。

前川紘毅 : 「新春戦国鍋祭」を経験しているので、正月早々に小林健一氏と過ごせると思うとそれだけで幸せです(笑)。

林剛史 : そんなに?(笑)

中村龍介 : 昨年は「大江戸鍋祭」のカウントダウン公演があって、本番で年を越すという幸せなことを経験してますが、今回は稽古で年を越して、新年早々に舞台ができるのは幸せですし、出足好調ですね。

この『ドリームジャンボ宝ぶね~けっしてお咎め下さいますな~』ではご自身のどこを見て欲しいと思いますか?

林剛史 : まだ台本を見てみないと、役柄的にはわからないですね…。

前川紘毅 : 僕はとにかくダンスです。苦手なのを頑張っているぞと(笑)。歌う機会があればそこはしっかりやりたいですね。

中村龍介 : 「大江戸鍋祭」のような今までの流れからすると、ふざけたことを真面目に一生懸命、本気になっているところだと思います。面白いものを当てにいくと面白く無くなるので、いかに真剣に変なことを一生懸命やっているか、を見ていただきたいです。

ちなみにみなさんが役を演じる時に一番大事にしていることは?

林剛史 : お芝居は相手との呼吸や顔を見ることも大切ですけど、気持ちがないと芝居はできないと思います。セリフ回しだとか、嘘のものをやっているから気持ちの部分でそれ以上の嘘をついてしまうとただの遊びになってしまうので、役になりきるわけではないけど、嘘をつかずにお芝居がしたいなと思っています。

前川紘毅 : 僕は普段はひとりで活動しているので、こうやって舞台で同じところにたくさんの人が立って、同じところに向かって何かをやること自体が楽しいです。余計なことは考えずに常に楽しみながらその時間を自分の中で好きな時間にしているので、今回も笑いながら時間が過ぎればなと思います。

中村龍介 : 僕は悔いなくやることと、自分を客観的に見ることですね。芝居に取り入れるところは全く関係のないところ、例えばコンビニの店員さんの仕草とか、そういうところから学ぶこともあるので、自分の生活から芝居に取り入れていくことですね。

林剛史さん、前川紘毅さん、中村龍介さんからOKWaveユーザーに質問!

林剛史 : タイトルにちなんで、ドリームジャンボ3億円が当たったらどうしますか?遣い道を割合で書いてほしいですね。

中村龍介 : 正解が出ちゃいました(笑)

>みなさんは3億円当たったらどうしますか?そもそもドリームジャンボ買いますか?

林剛史 : 僕は毎年買ってます、当たってないですけど。当たったら2億は貯金します。残りの1億で、3ヶ月くらい休みをもらって世界を廻ります。そこは果てしなく使います(笑)。

前川紘毅 : 3億円当たったら、僕は2億円で翌年の宝くじを買います(笑)。

中村龍介 : それも正解ですね(笑)

前川紘毅 : 毎年2億くらい買えば絶対3億当たりますよね(笑)。

>(笑)。中村さんは当たったらどうしますか?

中村龍介 : 焼肉食べに行きますかね~(一同笑)。

林剛史 : どこでも行けますね。1グラム1万円でも食べきれないでしょう(笑)。

Information

『ドリームジャンボ宝ぶね~けっしてお咎め下さいますな~』

東京公演:青山劇場 2013年1月6日(日)~13日(日)
東京公演チケット一般発売:12月1日(土)キョードー東京、イープラスほか
S席9,000円(税込)/A席6,000円(税込)

大阪公演:梅田芸術劇場メインホール 2013年1月26日(土)
大阪公演チケット一般発売:12月8日(土)梅田芸術劇場、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット
S席9,000円(税込)/A席4,000円(税込)

※本公演への、未就学児童のご入場はご遠慮頂いております。

時は江戸幕府が終わり、年号が「明治」となった頃。社交場である鹿鳴館にかつて勤王の志士と呼ばれた人達が集っていた。いよいよ日本で初めての「総理大臣」が誕生する日。その第一候補が長州藩出身の「伊藤博文」その人であったのだが、突然、伊藤は総理大臣になるのを辞退した。総理のイスを狙う大久保利通や、我が藩主のため、と権力を狙う後藤象二郎たち。様々な思惑が交差する中、彼らはある事件をきっかけに、とある山に迷い込む。その山では離婚調停中のぬらりひょんと妻の雪女を筆頭に、百鬼夜行の妖怪たちがうじゃうじゃ。さらに、そこに歌う神様や踊る新撰組までやって来る!!山の中で、大混乱のお祭り騒ぎの夜が始まる!!ウィリアム・シェイクスピアの「夏の夜の夢」を日本人が日本人のための物語にスペシャルカスタマイズした「日本の夜明け前の夢」 果たして、日本最初の総理大臣のイスは一体誰の手に!?

伊藤博文はこの一夜の出来事がなかったら総理大臣はやっていなかったであろう。(井上馨 談)

演出:板垣恭一/脚本:穴吹一朗

【出演】
伊藤博文…植草克秀

後藤象二郎…矢崎広
山内容堂…木ノ本嶺浩
ぬらりひょん…滝口幸広
大久保利通…辻本祐樹
板垣退助…林剛史

雪女…久野綾希子

沖田総司…中村龍介
井上馨…小林且弥
西郷隆盛…前川紘毅
土方歳三…今奈良孝行
齋藤一…磯貝龍虎
永倉新八…輝馬
妖怪油すまし(ぬらりひょん側近)…小林健一
小豆洗い(ぬらりひょん秘書)…佐藤貴史
毛利元徳…岩﨑大

恵比寿神(神様リーダー)…松田凌
弁財天…二瓶拓也
大黒…中山優貴
毘沙門…鳶野恭平
福禄寿…倉本発
寿老人…鶴町憲
牛鬼(妖怪)…池田貴宏
布袋神…赤木伸輔

近藤勇…長谷川純
後藤磯子…鳥居みゆき

篤姫…紫吹淳

座敷わらし(パック)…左とん平

※当日ゲスト、およびその他出演キャスト調整中
※こちらの新撰組につきましてはホンモノではございません。

東京公演主催:る・ひまわり/キョードーファクトリー
大阪公演主催:る・ひまわり/キョードーファクトリー/梅田芸術劇場

公式ブログ:夢ちゃんのブログ

Profile



林剛史
テレビ朝日「特捜戦隊デカレンジャー」のデカブルー戸増宝児役で人気を博し、その後テレビドラマ「ガリレオ」「ROOKIES」、映画「椿三十郎」「銀色のシーズン」、「ヒーローショー」、「容疑者Xの献身」、舞台「ルームシェア」「本気でオンリーユー」など多くの作品に出演。
オフィシャルブログ「オソオセヨ」

前川紘毅
シンガーソングライター。2005年エイベックスとUSENによる共同開催オーディションにてグランプリを受賞しデビュー。音楽活動のみならず、映画、バラエティ番組など幅広く活動している。ドラマ「ヤンキー君とめがねちゃん」「ハンマーセッション」、映画「ラムネ」などに出演。
オフィシャルブログ「ヒロキング」

中村龍介
株式会社興和「トメダイン」CMにて話題沸騰。
バラエティ番組「戦国鍋TV」や、TBS「華和家の四姉妹」やEX「俺の空~刑事編」出演など幅広く活躍。舞台「モマの火星探検記~Inspired by High Resolution~」、「ロミオとジュリエットのハムレット」「リボン」などに出演。
オフィシャルブログ「天に昇る龍が如く・・・」

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。