OKStars インタビュー

Vol.258 アーティスト

ぽこた

OKStars Vol.258にはニコニコ動画での活躍からメジャーデビューしたぽこたさんが登場!1stシングル「タカラモノ」についてのインタビューをお送りします。

「タカラモノ」はストレートなラブソング調となりましたがいかがですか?

パッと見そう見えますけど、実際にはストレートなラブソングではないんです。最近僕のことを知ってくれた方のことももちろん嬉しいですけど、同人の頃から応援してくれている人たちとのことを歌っています。2012年12月にアルバム『28歳で会社を辞めて音楽活動に専念しているぽこたああああああああああああ』でメジャーデビューさせていただいて、そのリリースイベントで全国の都道府県22箇所を廻らせていただいたんです。何年も前から知ってくれていたのに初めてやっと会えた、という人もたくさんいました。その時に感じたのが、僕自身は何千人も握手をしたりしていて、その子に向き合っている時間は100%注力していても、みんなからはその何千人分の一としか思われていないんだろうなということで、それは寂しいことですよね。この「タカラモノ」ではそうではないよというところを曲にしたいなと思いました。曲中の登場人物に僕がいて相手がいるだけなので、客観的に見れば一対一の関係ですけど、僕の中では僕と応援してくれているみんな。広い意味でのダブルミーニングなんです。僕と一対一で向き合おうというテーマです。ラブソングという感じで作ったわけではないんですけど、みんなとの関係を擬似恋愛からリアルな恋愛に近づけたかったというのはありますね。

レコーディングの感じはいかがでしたか?今までと違いはありましたか?

僕自体のレコーディングのやり方は変わらないです。ただ、こういう“置きに行く感じ”の曲というか、勢いで乗り切らない感じの曲は、ニュアンス一つでだいぶ変わってしまうので、結構時間は掛かりました。そのニュアンス的なものは考えてやると言うよりはその場で何が出てくるかというところです。僕の場合はリズムを身体が覚えてから、後はおおよその完成形は自分の中で見えているので歌いながら出てくる感じですね。

“Instrumental for Men”、“Instrumental for Women”というのはおもしろいですね。

そうですね。僕の場合はお会いしているみなさんに向き合って、僕が何か投げかけるか、僕が受け取ったものを発表するかですので、現状は抽象的なものは何も無いんです。お会いしているのは男性だけではないので、女性の方にも歌っていただきたいという思いがこの“Instrumental for Women”です。特に今回は恋愛風の歌なのに女性のみなさんが歌えないのもどうかと思って、何かで使っていただけたらなと思います。

初回限定盤のMUSIC VIDEOは面白い取り組みをされていますね。

川越達也さんが出演するMUSIC VIDEOで、そのオフショットも入っています。僕はネット上で川越さんに似ているとよく言われて、いろんなアイコラも作られていましたけど、今回直接絡んで、しかもそのオフショット的なものまであるので、すごく需要があるだろうし(笑)、川越さんのことを今以上にもっとすごく好きになると思います。

初回限定盤BのシチュエーションCD「ぽこたはアナタの彼氏です」については?

これも、できるだけ擬似恋愛から実際の恋愛に近づけたかった、というところからの発想ですね。僕と直接喋っているような感じです。メジャープロモーションをさせていただくと、どうしてもみんなの所有物的な方向に寄って行きがちなので、そうである部分とプライベートな部分の両方でみんなが僕のことを独り占め出来る部分が欲しかったので、こういう気持ち悪いものになっています(笑)。

いまメジャーデビューの話もありましたが、何か変化はありましたか?

ないですね。全然プライベートでも普通です。

>ニコニコ動画とか、今までと活動のスタンスは変わりませんか?

そこも変わらないですね。

では最近のニコニコ動画にはどう感じていますか?

運営そのものには口を挟めませんが、ユーザーが作っていくという基本的な部分の舵取りをされているので、また超会議などもありますけど、その中で新しいサービスが発表されたり、新しいカテゴリーが発掘されて注目されたりもするでしょうし。流れが早くなりすぎて追いつけていけないところもあるので、自分も置いていかれないようにしようと思います。

ぽこたさんが歌う時に大切にしているのは?

僕の場合は“絵”が先なんです。歌う前に頭の中で情景を描き切ることが大切なので、それが決まってさえいれば、歌は勝手に出てきますね。それとライヴの時はお客さんの顔とかもですね。

今後の展開は?

「タカラモノ」は、人によっては「何でミディアムバラードのような曲が1stシングル?」とも言われますし、突然爽やかキャラになったんじゃないかという誤解もありますけど、僕は天邪鬼なので、人の逆を行こうという気持ちの表れです。ですので、これからも人の逆を行って、みんながやらないことに面白さを見出していきたいと思います。

では最後にOKWaveユーザーにメッセージをお願いします。

今回、川越達也さんがMUSIC VIDEOに出てくださっています。川越さんご本人はあまりインターネットをやられないそうですが、僕が見ている限りでは川越さんはネットでみんなにすごく愛されていると思います。そして今回、僕自身が直接お会いして、僕やスタッフに気を使ってくださる川越さんの人柄にすごく惚れ込みました。今もとても愛されていますがこれまで以上に川越さんのことを愛してください。そして似ている僕のことも愛してください(笑)。本当に似ているかどうかは MUSIC VIDEOを観てください。

OKWaveユーザーに質問!

とはいえ、そんなに僕は川越達也さんに似ていますか?(笑)

Information

1stシングル「タカラモノ」
2013年4月17日発売
初回限定盤A(CD+DVD)(YRCN-90209)1,500円(税込)
初回限定盤B(2CD)(YRCN-90210)1,500円(税込)
通常盤(CD ONLY)(YRCN-90212)1,000円(税込)

01.タカラモノ
02.波乱万丈乙女の恋
03.タカラモノ Instrumental for Men
04.タカラモノ Instrumental for Women
05.波乱万丈乙女の恋 Instrumental for Men
06.波乱万丈乙女の恋 Instrumental foe Women
DVD 収録内容
「タカラモノ」MUSIC VIDEO & オフショット
特典CD 収録内容
シチュエーションCD「ぽこたはアナタの彼氏です」

Profile

ぽこた

1月12日生まれ、AB型。
2008年ニコニコ動画への動画投稿を開始。GACKT氏の声に似ていることから、「がくっぽこた」、「がくっぽいどっぽいど」などのタグが付けられる。歌声とは裏腹に動画内の使用画像は腹筋崩壊するものが多く見られるため、歌に集中できないこともしばしば。歌い手として活動するほか、ミュージカル出演など幅広く活動。
2011年12月14日、蛇足×ぽこた×みーちゃん×けったろ×koma'nによる“組んでみた”ユニット「√5(ルート・ファイブ)」1st SINGLE 「MERRY GO ROUND」でメジャーデビュー。
2012年12月12日、よしもとアール・アンド・シーよりソロミニアルバム『28歳で会社を辞めて音楽活動に専念しているぽこたああああああああああああ』をリリース。

OFFICIAL WEB
ぽこたのブログ

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。