OKStars インタビュー

Vol.267 アーティスト

Song Riders

OKStars Vol.267には2MC、1シンガー、1DJスタイルのSong Ridersが登場!両A面2nd Single「TRAUMA / Be」のことを中心としたインタビューをお送りします!

「TRAUMA」は早乙女太一さんとのコラボということですが、どういった経緯で?

DJ HIDE : 4年前に東京に出てくるきっかけになった「MISSING BOYS~僕が僕であるために~」という尾崎豊さんの歌を題材にした群像劇に僕らはバスケットプレイヤー役として出演させてもらっていて、その時のメインキャストとして出演していた太一くんと共演したのがきっかけです。青春群像劇なだけに若いキャストがたくさんいたので、休憩時間は学校みたいにみんなでワイワイと過ごしていて、その中で自然と太一くんとも仲良くなって、舞台が終わった後もプライベートでも一緒に遊ぶようになりました。彼の舞台があれば僕も観に行かせてもらって、僕らのライブも観てもらっているうちに、また一緒に仕事もできたらいいなという話を僕らの中でするようになりました。今回のリリースの時にレコード会社に提案して、太一くんとのコラボレーションが実現しました。

では「TRAUMA」はどんな風に曲作りを進めましたか?

武雄 : Song Ridersのメンバーと早乙女太一とで、どういう曲にしたいかをゼロから話し合って、自分の体の内側から出てくるものを表現できたら、というのが早乙女太一の側から出てきた意見でした。自分らもそういうイメージで格好いい、剥き出しになったような楽曲を作ろうと取り組みました。
最初に曲のオケが出来上がってきて、それを聴いている時に「トラウマ」という言葉が出てきました。早乙女太一は小さい頃から舞台で人前に出て、自分の内側を隠してやってきた面もあるし、嫌な気持ちやみんなには分かってもらえないような気持ちもあっただろうから、そういったことをイメージして歌詞も作っていきました。ただ、太一のことだけではなく、みんなに受け取ってもらえるようにしたいなとも思って作っていきました。

KG-K9shot : 歌詞は何度も直したね。

武雄 : なので、細かく進めていきましたね。

>英語と日本語の歌詞がメロディにハマっていて斬新な感じですね。

DJ HIDE : 武雄はアメリカに2年留学していたので英語が喋れる特性を活かして、彼がその部分を作りました。

武雄 : 最初は日本語ばかりにするかとか悩みましたけど、みんなと話して英語と日本語のミックスで聴いてもらえるようにしました。

早乙女太一さん出演のMUSIC VIDEOについてはいかがでしょう?

KG-K9shot : MUSIC VIDEOの構想が先ですね。一番最初に一緒にやりたいと思った時に、彼は役者だし、俺らは歌をやっているから、映像ありきの曲をつくろうということで始めました。もちろん曲ができてから映像の中身は考えていきましたけど、このMUSIC VIDEOを観てもらって、さらになるほどと、コラボした理由がわかってもらえたらいいだろうなと思いました。

「Be」についてはいかがでしたか?アニメ作品「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」とのコラボということですが。

武雄 : 僕らがミニアルバム『Re-birth』を出した時の1曲をアニメのスタッフの方が気に入ってくださっていて、そういうニュアンスの曲を作ってもらえないかというところからのスタートでした。「デビルサバイバー2」の台本をもらって、ストーリーに沿って書いていきましたね。ただ、アニメの内容だけにしてしまうのではなく、いろんな人に聴いてもらいたい気持ちから、みんなに当てはまるような歌詞の書き方を心がけました。

両A面シングルということで、それぞれの聴き方、楽しみ方はいかがでしょう?

DJ HIDE : 「TRAUMA」に関してはぜひMUSIC VIDEOといっしょに観て聴いてほしいですね。

KG-K9shot : 歌詞の字幕を入れているんですよ。英詞のところも日本語にしたオリジナル和訳みたいな感じで、映像と音をリンクして観てもらえたら、より世界観が伝わるかなと思います。

武雄 : 「TRAUMA」は早乙女太一の声も入っています。そこも聴きどころというか、ぜひ聴いてみてください。

KG-K9shot : 太一が50個くらいワードを考えてくれて、そこから選んだものが曲の中に組み込まれています。

>「Be」の方はいかがでしょう?

KG-K9shot : 「Be」は曲が格好いいです。楽しんでもらうことをテーマにした曲ではないけど、俺らは自信があるし、聴いてもらえたら、俺らが持っているものが分かってもらえるんじゃないかなって思いますね。

>ロックテイストなところとクラブミュージック的なところが融合していますよね。ちなみにみなさんの音楽的なルーツはどの辺りに?

KG-K9shot : もともとラップでHIP HOPをやっていたけど、そこからいろいろ試行錯誤して、今のロックに辿り着いたので、ラップをしたいということもあるし、いろいろやってきたことも大事にしたいので、打ち込み感は残したりもしてます。

リリース記念ライブなどありますが、ライブはどんな様子でしょうか。

KG-K9shot : 自分らで主催ライブをやってます。東京は渋谷で「HOOK UP」というイベントをやっていて、大阪でもイベントをやっています。

武雄 : 普段は20~30分くらいのライブが多いので、いろんなやり方でやってますね。DJスタイルならではというか、1曲を丸々歌うのではなく、半分を2曲つないでみるとか、盛り上げるところは尺を伸ばしたりとか。

KG-K9shot : 俺らはDJセットでやってるけど、ビートが効いているからか、新しく気に入って来てくれた人はバンドじゃないんだって驚かれたりもします。DJセットだと、つないだり、急に音を消したりするのが自由だから、そういうところは面白いですね。

武雄 : 僕らは音源は生音も入れているので、今後は、DJスタイルもできるし、バンドスタイルもできるところも見せられたらいいですね。

みなさんが音楽で一番大切にしていることはどんなところですか?

武雄 : 自分は素直さですね。あまり逆らわずに、その時に出てきたもので表現できたらなと思いますね。

MY AFLOW : 僕はライブを大事にしています。みんなは何かを受け取りに来ていて、それが何かは分からないですけど、僕らのライブを観てくれる中で、僕らが大事にしている言葉をきちんと伝えられるようにしたいですね。みんなの表情を見て僕らも元気をもらってますので、真剣に楽しみたいと思っています。

DJ HIDE : このメンバーでつくり上げることがいいなと思ってやっています。音楽、というよりもこのメンバーが大事です。

KG-K9shot : ギターやピアノが弾けるわけではないし、そういう練習もやっていないけど、それでもできるところが音楽の面白さかな。HIP HOPから入ったからサンプリングをしてラップをのせるだけでできたし、そこから始めていろんな人に支えられて、勝負もできるようになったけど、自分の書くリリックは自分の音楽の武器でもあると思うから、そういう自分の言葉を大事にしたいです。

みなさんのバスケットボールとの関わりについて。インターハイなどすごい成績を残していますよね。当時はどんな毎日でしたか?

KG-K9shot : 練習は厳しかったですよ。武雄とHIDEとは一緒のクラスでバスケ部。MY AFLOWは武雄の地元の先輩。みんなバスケつながりで、当時はバスケしかしていなかったし、音楽のおの字も無かったから。将来的にこの面白い仲間と一緒にいる方法は何か考えた時に音楽に辿り着いたので。

武雄 : バスケやってる時はうまくなることしか考えてなかったけど、どこかで躓くこともあって、これ以上うまくなれないと思ったこともあったし、そういうことで学べたこともありました。僕らが音楽をやっていこうと決めた時に、そういうことを活かそうと、今ではいい経験をしたと、バスケのことを捉えていますね。

KG-K9shot : 練習していくことはどちらもどこか似ているしね。

Song Ridersの“モットー”をお聞かせください。

KG-K9shot : 根底にあることが友達と一緒にいる、仲間を大事にすることで始めたので、それができないならやっている意味はないと思っています。大阪籠球会というバスケのチームを持っていて、そこのメンバーにも仲間を大事にできないならやっている意味は無いと言っています。そういうところがライブでも伝わればいいと思います。

最後に、OKWaveユーザーにメッセージをお願いします。

MY AFLOW : 今回両A面シングルということで、本当にいい作品になったと思っています。英詞は入ってますけど、CDの歌詞カードには日本語訳も書いてありますから、歌詞を見てもらって、「TRAUMA」も「Be」もみなさんに当てはまる内容の歌なので、それを感じてほしいですね。ぜひ聴いてください。

DJ HIDE : 「TRAUMA」はMUSIC VIDEOを観て世界観を感じてください。

KG-K9shot : これを入口に僕らの曲を動画サイトとかででも観てもらえたら嬉しいです。2曲とも重たいけど、俺らのシビアなところでの考え方や前向きなところもしっかり出ているので、Song Ridersを知ってもらうきっかけになれればいいなと思います。

Song RidersからOKWaveユーザーに質問!

MY AFLOW : これは僕から…

みなさんが“これはオッケー!”と思う時はどんな時ですか?
シチュエーションとかに合わせて教えてください。

Information

両A面2nd Single「TRAUMA / Be」
2013年5月22日発売!

<初回盤>[CD+DVD](TFCC-89440)2,000円

【CD】
01. TRAUMA ※早乙女太一コラボレーションソング
02. Be ※「デビルサバイバー2 THE ANIMATION」EDテーマ曲
03. ON FIRE -acoustic ver.-
04. TRAUMA -instrumental-
05. Be -instrumental-

【DVD】
01. 早乙女太一出演「TRAUMA」MV収録+限定フォトカード(5種ランダム封入)

<通常盤>[CD](TFCC-89441)1,000円
※CD収録曲同上

☆「TRAUMA / Be」リリース記念インストアライブ
【詳細】http://www.song-riders.com/live

Profile

Song Riders

KG-K9shot、武雄、MY AFLOW、DJ HIDEからなる、2MC+1シンガー+1DJの男性4人グループ。
独自の音楽Style、Lifeを追求し、何にも囚われる事なく自由に自分達を表現していく。
ROCKテイストをベースにHIP HOPなどの要素を取り込んだ、ジャンルに捕らわれないオルタネイティブかつ圧倒的なサウンドでその存在感を音楽シーンに示す!!
アーティストだけでなくバスケットプレイヤー、俳優としてもマルチに活躍をみせる。

http://www.song-riders.com/

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。