OKStars インタビュー

Vol.274 俳優

鈴木勝吾

OKStars Vol.274は俳優の鈴木勝吾さんが登場!大人気作品の映画化『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』についてのインタビューをお送りします!

『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』出演についてのご感想は?

以前に実写化された時に「実写化されるんだ!」と驚いたんですが、今回また加藤清史郎くんの主演で映画化されるということで、そこに呼んでいただけると思っていなかったので、嬉しかったです。「忍たま乱太郎」はギャグの効いた夢のある作品だと思っていました。

演じる山田利吉役はいかがでしたか?

この利吉をどういう風に撮影してくのかなと思い巡らせました。山田先生の息子なのでアニメではエピソードを通じて利吉の個性もたくさん出ていますけど、映画の中ではどういう風に利吉らしいポジションになっていけばいいだろうなと考えました。

>どんな風に見つけていきましたか?

作品自体はポップだし、コメディなので、最初は自分もそうしようかなと思っていましたけど、中盤くらいからは、そういうものよりは普通の芝居をするようにしました。忍たま3人が主役だし、利吉はプロのエリート忍者なので、そういう雰囲気を静かに出していればいいかなという考えになりました。田﨑竜太監督からは、利吉ともう一人いるプロの忍者の北石照代の2人はプロらしさが出ていて良かったとと言ってくださって、結果的にそれで良かったのかなと思います。

>利吉は土井先生らと比べるとあまりギャグに巻き込まれていませんでしたね(笑)

そうですね、1回だけみんなでずっこけるくらいだったので、ある意味、嘘をつかずに演じました。忍たまたちの関係、先生たちの関係、6年生たち、敵もそうですけど、関係性をそれぞれ作っていく中に利吉を置いて、後は田﨑監督に切り抜いてもらう感じでした。

現場の様子はいかがだったでしょう?アクションシーンは上空からの俯瞰する映像もあって圧巻でした。

殺陣はその場でつけていただいて、その場でやっていかなければならなかったし、かつ利吉なので、スマートにこなさないといけないのが一番大変でした。ただ、そこをきちんとやらないと利吉にならないので、殺陣はとくに本気で格好良く決めてやろうという考えでやりました。ワイヤーアクションとか空撮のところは、みんなでアクションのリズムを合わせたりして、本当に時間をかけました。撮影は真夏だったのでみんな暑い中、汗だくになって撮ってましたね。多分ファンデーションとかは落ちてたと思います(笑)。

忍者らしい動きはどういう風に考えましたか?

着地やワイヤーで吊ってもらって飛び上がる動きとかは、派手さではなく、静かなんだけどスマートなところを意識しました。それと、話す時の姿勢とか周囲を気にしながら話すような、そういう雰囲気は常に持っていようとしました。

>ちなみに「侍戦隊シンケンジャー」の経験は活きましたか?(笑)

キャラクターは違いますし、刀も逆手なので、直接的な経験が活きているわけではないですけど、シンケンジャーとその後も舞台などで殺陣の経験をしているので、殺陣を覚える早さは確実に早くなっているし、入っていく時にも全然違いましたね。完成した作品を観てもシンケンジャーの頃よりも成長できているのを実感できました。殺陣を始めたのもシンケンジャーだし、緑色の衣装を着させてもらってますし(笑)、改めて殺陣は好きだなと思いました。

>女装もされましたがそちらはいかがでしょう(笑)

以前にもやったことがあるので久々でしたが(苦笑)、毎回言うんですけど、自分のお母さんにしか見えないので、自分で気に入った試しがないんです(笑)。今回はとくに着物だったので大変でした。

とくに見てほしいところはいかがでしょう?

飛び降りてくるところとか、身のこなしとか、動きを見てほしいですね。利吉らしい動きが出せたんじゃないかなって、僕も完成した作品を観て思いました。

現場の他の方の様子はいかがでしたか?

子役3人は見ていてすごいなと思いました。そもそもあの年齢で頑張っていることが単純にすごいし、清史郎くんはしっかりしているし。でもみんな子どものところもちゃんとあって、現場で宿題をやってたり、かわいらしかったです。本当の忍たまは寸前になってから宿題を始めましたけど、彼らはお母さんに言われながらですけどちゃんとやってました(笑)。それと螢雪次朗さんのような役者さんともいっしょにやらせていただいて、改めて子役の子たちや上の方たちの仕事の姿勢を見て、すごく勉強になりました。

映画と離れた質問ですが、鈴木勝吾さんご自身の最近ハマっていることは?

最近は作品の現場への行き帰りによく音楽を聴くようになりました。聴いていると乗り過ごすことがあるので一時期は全然聴いていなかったんですけど、やっぱり音楽はいいなと思うようになりました。自分がやってたバンドの曲も聴きますし、好きなのはラルク・アン・シエルさんとかですけど、ジャンルは限らず何でも聴きますね。たとえばドラマの主題歌を聴いているとその時に帰られる気がするのでそういうのがいいですね。

今後の展望や、やってみたいことは?

1つ夢なのは、映画の『ウォーターボーイズ』が好きなので、ドラマでも映画でも学生の青春モノをやってみたいという気持ちが強くありますね。年齢もちょっとギリギリになってきてしまったので、先生役にならないうちに学生役をやりたいなと(笑)。

鈴木勝吾さんの“モットー”をお聞かせください。

人に感謝するということと、とくに自分にも他人にも正直に生きていたい、ということです。ひとつひとつの縁を大切にしていく中で嘘はつきたくないし、嘘をついてほしくないし、そのためにも自分のことを正直に話していれば、みんなハッピーだと思います。芝居をしていてもどこか我慢するのではなくて、話し合ってお互いに上にいけたらいいなと思います。大人同士は簡単にはいきませんけど、ストレスを抱えないためにも、そういう気持ちを忘れないでいた方が人間っていいんじゃないかなって思います。

では鈴木勝吾さんからOKWaveユーザーにメッセージをお願いします。

「忍たま乱太郎」は長い歴史もあって、いろんな人に愛されてきた作品です。今回の『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』は幅広い世代の方にいろんな形で楽しんでもらえる作品になっているし、夏休みにお子さんと一緒に観ていただいたら一番嬉しいです。アクションは格好良いですし、忍たま3人はバカやってて楽しいし、周りの大人も本気でバカやってていますので、難しいことは考えずに素直にポップコーン片手に楽しんでほしいです。家族そろって、若い方は甥っ子さんでも誘ってぜひ観に来てください。

鈴木勝吾さんからOKWaveユーザーに質問!

モットーのところで、正直に生きていたいという話をしましたが、
皆さんにお聞きしたいのは
「嘘をつく時」はどんなタイミング、シチュエーションですか?

Information

『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』
2013年7月6日(土)より全国公開

忍術学園の“忍者のたまご”=忍たまたちは、それぞれの夏休みを楽しんでいた。しかし、間もなく夏休みが終わるというのに、一年は組の乱太郎、きり丸、しんべヱの3人は夏休みの宿題「忍たまの友」に全く手をつけていなかった。そのため3人は強制的に、教科担当・土井先生の補習を受けさせられることに……。
だが、時を同じくして、刀鍛冶の六道辻ヱ門の家から、妖刀・極楽丸が盗まれるという事件が発生していた。この刀を手にしたものは物凄い力を得ると伝えられており、かつての持ち主は皆、天下を獲ったという。盗んだのは、最近キクラゲ城に召し抱えられ、早くも家老に出世していた切羽拓郎という男。
切羽はなんと、極楽丸をドクタケ城の稗田八方斎に献上していた。一年は組の実技担当教師・山田伝蔵の息子で、フリーランスの忍者として活躍している利吉の情報によれば、八方斎はまず、天下獲りの邪魔になる忍術学園を襲うつもりだという。そこで学園長の大川平次渦正は、乱太郎たち3人に極楽丸をドクタケ忍者隊から取り戻すように命じた。この「実習」にチャレンジする過程で、夏休みの宿題の答えも得られるはずだと学園長から聞いた3人は、これで一石二鳥とばかり大ハッスル。早速、土井先生や辻ヱ門たちと共に、ドクタケ城・一の砦へと向かう…。
ドクタケ城をはじめ、キクラゲ城、タソガレドキ城、トフンタケ城の面々までが極楽丸を狙って暗躍し、全く油断のならない大混戦状態へ! 果たして、天下を獲るのは誰だ!?

監督:田﨑竜太

出演:加藤清史郎 林遼威 神月朱理
芦屋小雁 西田健 螢雪次朗 鈴木勝吾 前内孝文 松田岳 山崎将平 根岸拓哉
永澤俊矢 寺田農 曽我廼家文童 佐川満男 栗塚旭 内博貴

原作:尼子騒兵衛「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊) 
配給:東映
公式サイト:http://www.nin-tama.com/

(C)2013「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」製作委員会

Profile

鈴木勝吾

1989年2月4日生まれ、神奈川県出身、A型。
「侍戦隊シンケンジャー」(09/テレビ朝日)のシンケングリーン役で俳優デビュー。以降も映画やドラマ、舞台などで活躍。ミュージカル『薄桜鬼』土方歳三 篇(2013年10月2日(水)~10月11日(金))への出演が決定している。

Official Blog「Smiling Days

ヘアメイク:岩田恵美
スタイリスト:吉田ナオキ

★衣装協力
wjk tokyo
TEL:03‐3401-6390

『忍たま乱太郎』映画公開記念OKWave特別企画
OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。