OKStars インタビュー

Vol.292

キャイ~ン
(ウド鈴木・天野ひろゆき)、
平愛梨

OKStars Vol.292は『ローン・レンジャー』公開記念 写真投稿コンテスト 表彰式イベントに特別審査員として出演されたキャイ~ンのおふたりと平愛梨さんへのインタビューをお送りします!

みなさんキャラクターの扮装をされていますが、ご感想をお聞かせください。

ウド鈴木 : ひじょうに清々しい気持ちです。トントのコスチュームも馴染んで、これが自然体であると自負しています。カラスにも癒されていて、ジョニー・デップさんが自然な仕草で落花生をカラスの口元に持っていった気持ちが僕にも分かります。

天野ひろゆき : ウドちゃん、コメントに詰まったらそれをやるといいんじゃない?(笑)

ウド鈴木 : カラスに助けられています(笑)

平愛梨 : 私はレッド・ハリントンをイメージした衣装を着させていただきました。足に銃を仕込んでいて印象的ですよね。本当はあれをやってみたかったです(笑)。

天野ひろゆき : 会場のセキュリティに引っかかるよ。

>あの仕込み銃を撃つとしたらどんな時ですか?(笑)

平愛梨 : 面白くないツッコミをした時!

ウド鈴木 : 向こうからズドンと!それはひどい!

天野ひろゆき : 怖ぇ!今日撃たれなくてよかった(笑)

>そんな天野さんはローン・レンジャーですね。

天野ひろゆき : 僕は普段眼鏡をかけていますが明日からはこのマスクを眼鏡にします。より一層誰だか分からなくなりますね(笑)。でもこれをかぶると別の自分になった気になりますね。

>保安官のバッジとかはいかがですか?

天野ひろゆき : 普段はむしろ捕まる側なので(笑)、こういう権力を利用してみたいです。例えばこういう会場は女性しか入れなくして、お嫁さん探しをしたいです(笑)。

ウド鈴木 : ローン・レンジャーの力を借りて探したいね!

写真投稿コンテストに特別審査員として参加されたご感想をお聞かせください。

ウド鈴木 : 写真から伝わってくる皆さんのパワーや温かさは、いろいろ想像もできて、動画とはまた違った良さがあっていいですね。僕も写真を撮りたいと思いました。

平愛梨 : 映画を観て、みんながそのキャラクターになろうと思った気持ちや、印象に残っているものが表れていているし、一生の記念にもなりますよね。この映画を観た時はこういう気持ちだったなって思い返せるので、素敵な行事だと思います。

天野ひろゆき : 日本人の映画の楽しみ方は真面目で、静かに鑑賞する、みたいなところがありますけど、この写真投稿コンテストでは、外国の映画館のようにキャラクターの扮装をして楽しむように、キャラクターの気持ちになって扮装をして一緒に楽しめるので、良い催しだと思います。こういうことをやって改めて友情を再発見したり、一緒にやってくれる仲間がいることで自分のキモサベを見つけたりもできますよね。

キャイ~ンさん、平さんも写真を発表されましたね。



平愛梨 : 私は三瓶さんとの写真ですね。週3回くらい会っているんじゃないかというくらい仲が良いですけど、三瓶さんは親しき仲にも礼儀あり、というような方です。私がロケ中に失敗した時には、カメラの回っていないところで注意もしてくれるような厳しさもあるので、人生の先輩でもあり、仲良くもしてくださって感謝しています。

ウド鈴木 : それこそキモサベの温かさが伝わってくるなぁ。

キャイ~ンのおふたりは、ローン・レンジャーとトントのコンビをどう見ましたか?

天野ひろゆき : 基本的には、形の違う男たちの復讐劇という側面もありますけど、目的が同じでふたりの個性があるということなんでしょうね。

ウド鈴木 : 映画の中ではとてつもない九死に一生を得るようなことが続きますけど、そんな中にも笑顔が垣間見られたり、コメディのシーンがあって、とんでもなく危険な時でもホッとさせるような何かをもって次に進んでいくのかなと、トントとローン・レンジャーの関係を見ていて思いました。

あらためて『ローン・レンジャー』の見どころとご感想をお聞かせください。

平愛梨 : すごく楽しくて、ジョニー・デップさんとアーミー・ハマーさんの息がぴったりなところも印象深いです。何より、ラスト11分の列車のシーンは大きな画面で観るべきだと思います。

天野ひろゆき : 僕らが子どもの頃に思い描いていたようなアメリカの格好よさやデカさみたいなものを感じられる作品ですね。アメリカの開拓時代を描きながらも先住民の方へのリスペクトも入っていて、でもそれが全面に出ることもなくエンターテインメント作品になっています。さっきウドちゃんも言ってましたけど、怖いところをそのまま怖く描くのではなく、危機一髪をすごく楽しく描くというところが、さすが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズも手がけた人たちだとも思います。

ウド鈴木 : “ローン”と聞くと昔お世話になったことがあるので(笑)、今は僕もローン・レンジャーのひとりとして世界の皆さんのために頑張っていきたいと思います。

『ローン・レンジャー』にちなんで、キャイ~ンさん、平愛梨さんから質問!

ウド鈴木 : “ローン・レンジャー”ってそもそもどういう意味ですかね?あらためて正しい意味を教えてください!

平愛梨 : 私は、ローン・レンジャーとトントが会話は無いのに雰囲気や合図、表情ひとつで分かり合っているのがすごいと思いました。なので、私からの質問は皆さんのキモサベは何ですか?

天野ひろゆき : 僕からは、あなたがもし頭の上に何か載せるなら何がいいですか?

平愛梨 : カラスはジョニー・デップさんのアイディアなんですよね!

Information

『ローン・レンジャー』大ヒット上映中!

映画史に残る、ウィリアム・テル序曲に乗せて贈るラスト11分のリアル列車アクション!
少年時代の忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える悪霊ハンターのトント。彼は自らの悲願のために、聖なる力によって瀕死の男ジョンを甦らせる。ジョンは法に基づく正義の執行を求め、復讐のために手段を選ばないトントと対立。だが、愛する者を奪われた時、彼は不思議な力を持つ白馬シルバーを従え、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として、トントと共に巨悪に立ち向かう。最後に世界を救うのは正義か?復讐か?

製作:ジェリー・ブラッカイマー/ゴア・ヴァービンスキー
監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ/アーミー・ハマー/ヘレナ・ボナム=カーター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

オフィシャルサイト

© Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.

Profile

キャイ~ン
ウド鈴木(1970年1月19日生まれ、AB型)
天野ひろゆき(1970年3月24日生まれ、A型)

オフィシャルサイト
天野ひろゆきブログ

平愛梨
1984年12月12日生まれ、O型

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。