OKStars インタビュー

Vol.317 アーティスト

fumika

OKStars Vol.317には歌声の強さと快活なキャラクターで注目のfumikaさんが登場!最新シングル「Feel It」のことを中心としたインタビューをお送りします!

「Feel It」は元気系ですね?

はい、よく言われます(笑)。非常に私らしい楽曲になりました。この「Feel It」はずいぶん前からデモはできていて、ずっとあたためてきた曲なんです。デモを録った時もサビもキャッチーだし、自分らしい楽曲なので早くリリースしたいと思っていました。今回、シングルリリースが決定したので、あらためて歌詞を書き直して完成しました。楽曲自体は明るいしキャッチーだけど、歌詞をよく聴いてもらうと結構辛辣なことも書いているんです。実はいろんな人が心の中で思っているんじゃないかということを、あえてこういうポップな曲に載せるイメージができていたので、歌詞もすぐに書けました。私自身、ライヴもあったり、カップリングの「遠く遠く」のカヴァーをさせていただいたり、そうやっている間にシングルまでの時間があったので、自分の中に渦巻いているものも表に出しました。ファンの方が私に抱いているイメージはやっぱり元気な感じですけど、落ち込むこともあるし、つらいこともあるので、そういう気持ちは誰にだってあるだろうからこの楽曲にぶつけて叫んでいる楽曲になりました。

では、レコーディングはどんなふうに進めましたか?

レコーディング自体は半日もかからずに行いました。サビのあ~~~♪って叫ぶところが音的には苦労しましたけど、デモを録ってからずっと聴いていたのでスムーズに録れました。

>レコーディングで歌う時にはどういうことを考えて臨んでいますか?

だいたい、歌詞に沿って思いをそのまま歌っている感じですね。後はライヴのことを考えます。マイクの先にお客さんがいるつもりで歌を歌っていますね。結構楽しいことをイメージして、みんなで盛り上がっている感じで歌っています。

PVも面白い出来ですね。何せ、舞台がここ(※取材場所でもある吉本興業さん本社)ですよね。

はい、全てを使わせていただきました(笑)。すごく時間がかかっているんですよ。夜の12時くらいから次の日の夕方くらいまでずっと撮影をしていたんです。サビの部分で私役の女の子が後ろにずらっと並んでいるところとか、今までにないものになったと思うのでいろんな人に観てもらいたいです。元々ダンスをやっていたので、今回はじめてちゃんとダンスを披露できたので、そこもチェックしてほしいなと思います。

カップリングの「遠く遠く」の選曲については?槇原敬之さんの名曲ですよね。

私が「遠く遠く」とちゃんと出会ったのは福岡から東京に上京してからなんです。東京で毎日を過ごしていると、たまに「あれ、今私どこに行って何やっているんだっけ?」というような気持ちになることがあって、そんな時に耳に入ってきたのが「遠く遠く」だったんです。それまでも曲は知ってはいましたけど、その時に初めて歌詞がすっと入ってきて、歌詞に支えられたんです。歌詞の中の「大事にしたのは変わらずにいること♪」という部分の意味が最初はつかめなかったのが、東京で生活していく中で腑に落ちたところがあって、私にとって大事な歌の、その周りにあるいろいろなことからブレずに歌を守って生きていきたいと気づかせてもらいました。今までたくさんの曲に向き合いましたけど、背中を押してくれたこの曲は私にとって大切な曲なので今回カヴァーさせていただきました。

>実際にレコーディングで歌ってみていかがでしたか。

アレンジも原曲から変えて、ファンから「アレンジもいいし、槙原さんとも違った雰囲気でいいですね」って言ってもらえてます。
今までの私の歌はどちらかと言うと張って歌っている曲が多いんですけど、これはすごく力を抜いて歌えたので、こういう歌い方もできるんだという勉強にもなりました。それと、こういう歌詞を書きたいなとも思いました。

>9月には、Dremas Come Trueの曲をカヴァーされていましたので、カヴァーシリーズみたいな流れというわけでもないんですね。

そうですね。でも、私にとって特別な曲を歌わせてもらっているので、そういう曲を選曲させていただきました。

ライヴではどんな雰囲気でしょうか。

お客さんがいるので、みんなで1つの空間を作り上げるようにこころがけています。1人1人が聴いてくださったり口ずさんでくださっているのは、生でしか体感できないことだし、音楽で意思疎通できていると思える瞬間なので、ライヴは何よりも楽しいです。普段レコーディングやひとりで歌詞を書いていたりすると落ち込むこともあるし、つらいことを考えちゃうこともありますけど、ライヴをやると吹き飛ぶし、お客さんからもパワーをいただいている気にもなりますね。

>出張ブロードウェイはどんなものなんですか?

歌とダンスとお芝居が混ざった30分のステージです。私扮するやさしすぎるオオカミがいて、お腹をすかしているんです。いろんな動物に出会って成長をしていくんですけど、最後は死にます。そういうちょっと変わったステージの座長を務めさせていただいています。寸劇と歌で構成されているんですけど、歌の歌詞に沿った内容ですね。私は小さい頃からミュージカルをやっていたので、幅が広がりましたね。普通のライヴと比べても、お母さんと小さな子とかいろんな人にも観てもらえるようにもなりましたので。

今後の抱負はいかがでしょう?

長い目では、5年、10年、歌を歌っていきたいです。もっと自分から発信して、もっと楽しいこと、驚いてもらえることをやっていきたいと思います。武道館とかで出張ブロードウェイをやることを夢見てます。

fumikaさんが最近ハマっているものは?

ペットです。ヘビを飼っているんです。カルフォルニアキングスネークという種類で、すごく綺麗なんです。たまたま近くにペットショップが出来て、一目惚れしちゃいました(笑)。

>どうやって飼うんですか??

水槽に水と隠れ家を用意してあげて、餌も4日に一度くらいでいいんです。お腹が減っているとハンドリングとかやっている時に噛み付こうとすることもあるので大きくなったら心配です(笑)

fumikaさんの“モットー”をお聞かせください。

歌を歌い出して以来ですが、みんなの活力剤みたいなものになりたいと思っています。「Feel It」を作った時に、あらためてこの「活」という字を考えた時に、一度すべてをはき出したり、楽しいことを思い出すことで活力って湧いてくるものかなと思いました。私自身は歌を歌っているので、歌を通じて皆さんに元気を与えられたらなと改めて思いました。それでお客さんに「パワーをもらったよ」って言われると、私も元気が出るので、自分が歌を歌うことで出来る、良い循環作用かと思っています。

ではfumikaさんからOKWaveユーザーにメッセージをお願いします。

私にとっては6枚目のシングル「Feel It」をリリースしました。ポップでキャッチーでノれる楽曲になっていますが歌詞もぜひ聴いて読んでほしいです。サビのあ~~~♪というところを覚えてもらってライヴで一緒に歌ってストレス発散してほしいと思います!

fumikaさんからOKWaveユーザーに質問!

ヘビが可愛いということを力説しても否定されてしまいます(><)
どうしたら認めてもらえるでしょうか?

Information



「Feel It」発売中!

【初回盤】1,500円(税込)YRCN-90223
【通常版】1,050円(税込)YRCN-90224
1. Feel It
2. 遠く遠く
3. Feei It~Instrumental~
4. 遠く遠く~Instrumental~

初回盤DVD:Feel It(Music Video)/Another side of "Feel It"/遠く遠く(Image Video)

Profile

fumika

福岡県早良区出身。
2011年にテレビ東京系アニメ「BLEACH」のエンディングテーマでソニーミュージックよりデビュー。
その後、映画「はやぶさ」の主題歌に新人では異例の大抜擢を受け、「たいせつな光」をリリース。 幼い頃、劇団四季「ライオンキング」(ヤングナラ役)で活躍した経緯や2010年に行われた第一回レコチョクオーディションで1万人の中からグランプリを獲得した過去が物語る、強くて真っ直ぐで、パワー溢れるfumikaの歌声は、映像クリエイターや制作プロデューサーから数々の指名を受けた。
その結果、2013年2月にリリースしたアルバム『POP SISTER』は全曲タイアップ、さらにYUKI、flumpool、ゆず、Superfly、いきものがかり、Chara、木村カエラ、等々を手掛けるクリエイター集団agehaspringsによる楽曲プロデュースで、GIRLS POPの歌姫fumikaの存在感をさらに強める事となった。
またアーティスト以外の側面でも、その快活なキャラクターや独自のファッション感に同世代から注目を集めている。

http://www.fumika-official.net/

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。