OKStars インタビュー

Vol.372 『X-MEN:フューチャー&パスト』

ジャパン・プレミア レッドカーペット

OKStars Vol.372はヒュー・ジャックマンと剛力彩芽さんが登壇した『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年5月30日公開)ジャパン・プレミア レッドカーペットの模様をお送りします!

ヒュー・ジャックマンさんは本日、成田空港に到着後、ヘリコプターで東京まで駆けつけていただきました!

ヒュー・ジャックマン:コンニチハ!私は日本に来られて嬉しいです。(※日本語で挨拶いただきました!) 皆さん、東京に戻って来られて私は本当に嬉しく思います。しかもこの同じ場所に前回から1年も経っていません。日本に戻ってくることは本当に大好きなことです。皆さん、2020年オリンピック開催おめでとうございます。それと、もうすぐワールドカップが始まりますね。私はオーストラリア人ですのでオーストラリアを応援しますが、決勝戦はぜひオーストラリア対サムライ・ブルーとなることを期待しています。この最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』は今までで最高の、そして最大の敵も現れる作品となっています。オールスターキャストですので、ぜひ皆さん楽しんで観てください!

『X-MEN:フューチャー&パスト』の見どころをお聞かせください。

ヒュー・ジャックマン:この作品は今までで最高のキャストだと思います。もちろん信じられないようなアクションもあります。特殊効果も今まで以上です。ストーリーはドラマチックですし、感動もできるし、ユーモアもあります。ハイライトをたくさん言ってしまいましたが、自分が一番気に入っているシーンは、ペンタゴンでのキッチンのシーンです。ぜひ皆さんも観て確かめてください。

ジェニファー・ローレンス演じるミスティークが本作ではX-MENたちを翻弄します。それではもうひとりの登壇ゲスト、ミスティークの日本語吹き替えを演じた剛力彩芽さんの登場です!

ところが、まず登場したのはミスティーク。
そしてスモークがステージを覆い、ミスティークが剛力彩芽さんに変身!

ヒュー・ジャックマン:ブラボー!今までで見た一番の早変わりでした。素晴らしい変身でした。

>ヒュー・ジャックマンさんの印象はいかがですか?

剛力彩芽:舞台袖で「すごく緊張している」と勉強中の英語で伝えさせていただきましたが、すごく優しくて「大丈夫だよ」と言っていただいてホッとしています。

ヒュー・ジャックマン:僕もミスティークのようなあんな姿で出てきて変身していたら緊張しますよ(笑)

『X-MEN:フューチャー&パスト』は公開された世界119ヵ国すべてオープニング1位を獲得し、記録的大ヒットとなっていますが、ご感想をお聞かせください。

ヒュー・ジャックマン:私はこの「X-MEN」に関わって14年になりますが、『X-MEN:フューチャー&パスト』は何か新しい始まりを感じさせるような気になりましたし、新鮮さも感じさせられました。ですので皆さんには早く観ていただきたいという気持ちです。世界中で大ヒットしていることはとても嬉しいです。そして、最後に一番素晴らしい国を残しておきました。もちろんそれが日本です。

『X-MEN:フューチャー&パスト』は未来と過去を舞台とした物語ですが、ご自身の未来には何が待ち受けていると思いますか?

剛力彩芽:幅広くお仕事ができていたらいいなと思います。

>将来はハリウッドとかも?

剛力彩芽:そうですね、1つの目標です。

ヒュー・ジャックマン:彩芽さんはハリウッドに行くのではなく、ハリウッドの方が来ますよ。彩芽さんは歌もダンスもできますよね。ならば次の「X-MEN」はミュージカルにしましょうか。

剛力彩芽:よろしくお願いします!

ヒュー・ジャックマン:私はサプライズが好きなので未来の予言はしないのですが、私は日本が大好きなので、何度も何度も日本に戻ってこられる未来がほしいです。今回、彩芽さんにも出会えましたし、日本の皆さんにとても温かくしていただきました。

では最後にメッセージをお願いします。

ヒュー・ジャックマン:皆さんお集まりいただき、本当にありがとうございます。『X-MEN:フューチャー&パスト』のキャストとスタッフを代表しまして述べさせていただきますが、14年間「X-MEN」シリーズを続けてきて、今回の新作が本当に最高の出来です。ぜひ皆さん観てください。

剛力彩芽:今日はここに参加させていただき嬉しく思います。「X-MEN」の仲間になれてとても嬉しいです。早く皆さんに観ていただきたいですし、私も日本の代表…とまではいかないですが「X-MEN」の素晴らしさをたくさんの方に伝えていけたらいいなと思います。今日は本当にありがとうございました。

OKWaveユーザーに『X-MEN:フューチャー&パスト』オフィシャル質問!

『X-MEN:フューチャー&パスト』では
X-MENを抹殺するために開発された
史上“最恐”の敵「センチネル」が登場します。
さて、あなたにとっての史上“最恐”の敵は何ですか?

Information

『X-MEN:フューチャー&パスト』
2014年5月30日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー

2023年。バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。2つの時代が同時進行する激しいバトルは、想像を絶する結末へと向かう。

監督/製作:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、
アンナ・パキン、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート

配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト:http://www.foxmovies.jp/xmen/
facebook:https://www.facebook.com/XmenMovies.Japan
twitter:https://twitter.com/XmenMovieJP

© 2014 Twentieth Century Fox

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。