OKStars インタビュー

Vol.376

髙田道場主宰 髙田延彦

OKStars Vol.376は髙田延彦さんに映画『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』の見どころをお聞きしたインタビューをお送りします。さらに、“髙田隊長率いるマッスル軍団”とアクション女優・武田梨奈さんのガチ対決イベントの模様もレポート!

『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』を鑑賞されたご感想をお聞かせください。

おいしいご飯と同じで人に薦めたい映画です。とにかく観て楽しんでほしい作品。歴史の節目となる戦いと、その時代の男たちの生き様は必見です。3Dの圧倒的な映像力の相乗効果で、スクリーンから訴えかけてくるようです。本当にあっという間でした。
つらい思いをしてきた女性が復讐心を糧に変わっていくその様や、父親と息子の成長の物語もある。心に残るセリフも多いのも魅力的です。主人公は「仲間のために」と叫んでいますが、祖国を思うという気持ちがいいなと思いました。

ギリシアの戦士達の筋肉をご覧になってどう感じましたか?

よくあれだけの人数を揃えたなと思いました。みんな腹筋が割れていましたし、細マッチョみたいなキャラクターは誰一人いませんので、壮観でした。常に臨戦態勢だから、あのような肉体になるんだろうなと。製作者のこだわりを感じましたね。マッチョ好きの女性には堪らないと思います。

数々の強敵と戦ってこられた髙田さんですが、本作のように大軍勢と戦うような絶対不利なシチュエーションに陥った場合、どのような心構えが必要か、アドバイスをお願いします。

映画の中に出てくるスパルタのトレーニング風景も壮絶でした。彼らの場合はスポーツではないので次元が違いますが、いつ何時も戦えるように常に意識を置いているのが彼らの強みですね。

髙田延彦さんからOKWaveユーザーに質問!

僕は映画館という空間で映画を観るのが好きです。
皆さんは年間で映画館で何本くらい映画を観ますか?

■髙田マッスル軍団 VS 美人アクション女優!
出てこいや!男女ガチ対決!イベント レポート


映画『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』の公開を記念した“ガチバトル”イベントが開催された。髙田延彦さんはマッスル軍団(映画仕様で鍛え上げたゴールドジムの17人の精鋭)を率いる隊長として登場。そこに挑むアクション女優・武田梨奈さんはヌンチャク・パフォーマンス、そして髙田延彦さんが持つ板を空手の突きで割る技を披露した。

マッスル軍団と武田梨奈さんの2番勝負の1本目はキック対決。武田梨奈さんのキックをマッスル軍団のひとりが耐えられるかどうかの勝負となったが、結果は武田梨奈さんの圧勝。鍛え上げたふくらはぎを持つマッスル軍団でさえも耐えきれなかった。2本目は武田梨奈さんの出演CMで代名詞となった頭突きでの瓦割り。マッスル軍団の選ばれし精鋭が瓦3枚を見事に割ったものの、武田梨奈さんは6枚を木っ端微塵に。こうして武田梨奈さんの勝利となり、髙田マッスル軍団は武田梨奈さんの前にひざまずくのであった…。

髙田延彦さんの対決後のコメントと映画の感想

「武田さんの強さに我々は完全に敗北しました。喜んで下僕になります(会場爆笑)
『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』は1時間45分あっという間でした。戦闘シーンが多くを占めますが、印象に残る映像ばかりです。男としてはリーダーが印象的でした。時代背景もありますが、仲間のため、家族のため、祖国のために生命を捧げるのは当たり前だと、そして自由のためには服従は絶対に許さないという気持ちを多くの部下たちの前で発揮するカリスマ性と大きな絆が印象的でした。」

武田梨奈さんの対決後のコメントと映画の感想

「男性を負かすのは気持ちいいですね(笑)
作品は、アクションの流血シーンもありますが美しく作られているので女性が見やすいアクション映画だと思いました。アクション映画というと男性のものというイメージがありますが、女性も『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』を観てアクション映画を好きになってほしいなと思います。サッカーのザック・ジャパンだけではなく、こちらのザック・スナイダー(プロデューサー)にも注目してほしいです。」

Information

『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』
2014年6月20日(金)丸の内ルーブル他全国ロードショー<3D/2D/IMAX3D同時公開>

前作で死闘を繰り広げたのは最強国家スパルタの300人の兵士たち。
その“誇り高き魂”を継いだギリシア屈指の戦士たちが、全土を集結させて立ちあがる!進撃するペルシア軍を迎え撃つために立ち上がったのは、勇者テミストクレス将軍。彼は圧倒的な数を誇る敵軍を打ち負かすべく、ギリシア全土の力を結集させスパルタ連合軍を率いる。
対して、征服をもくろみ100万の大軍勢で押し寄せるペルシア侵略軍。率いるのは残忍極まりない女性指揮官アルテミシア、そして人間から神の化身へ生まれ変わったクセルクセス王。
屈強な筋肉ソルジャー VS 比類なき残虐女戦士。最終決戦は、荒れ狂う大海原!
ぶつかりあう闘志、憎悪、歪んだ愛。母なる海を真っ赤に染める復讐戦の行方はいかに!?

監督:ノーム・ムーロ
脚本:ザック・スナイダー、カート・ジョンスタッド
製作:ジャンニ・ヌーナリ、マーク・カントン、ザック・スナイダー、デボラ・スナイダー、バーニー・ゴールドマン
出演:サリバン・ステイプルトン(『L.A.ギャング ストーリー』)、エヴァ・グリーン(『ダーク・シャドウ』、『007/カジノ・ロワイヤル』)、レナ・ヘディ(『300<スリーハンドレッド>』)、ロドリゴ・サントロ(『300<スリーハンドレッド>』、『ラストスタンド』)

配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト:http://www.300-film.net
facebook:http://www.facebook.com/300moviejp
twitter:https://twitter.com/300moviejp

©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

Profile

髙田延彦
1962年4月12日生まれ、A型。
格闘家として名勝負を繰り広げ、2002年11月24日東京ドームにて『PRIDE23』を最後に現役を退く。現在はタレント活動を中心に、ライフワークとして全国の小学生を対象にしたボランティアイベント『ダイヤモンドキッズカレッジ』の開催に力を注ぐ。
http://www.takadanobuhiko.com/

『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』公開記念OKWave特別企画
OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。