OKStars インタビュー

Vol.396 俳優

遠藤憲一

OKStars Vol.396は遠藤憲一さんが登場!遠藤さんが日本語吹替えで心優しい動く植物・グルート役を演じた2014年9月13日(土)公開の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』についてのインタビューをお送りします。

今回のグルート役のオファーをどう受け止めましたか?

ディズニー映画では『ナルニア国物語』でオオカミの役(モーグリム)を演じていますが、今回のオファーを聞いて、人間の役だったら無理だと思っていました(笑)。それが“木”だと聞いたので、それならと思いました。

グルートは「私はグルート」という言葉しか話さない、ということですがどう演じようと思いましたか。

言葉は「私はグルート」だけど、一回だけではなく、どんな状態でも「私はグルート」しか言わないキャラクターだと聞いて、すぐにやりたいと思いました。ただ、興味と実践は違っていて、場面ごとに同じ言葉を表現するのは簡単なことではなかったですね。監督から「もう少し気持ちを抑えて」といった指示を受けながら、何度も「私はグルート」と言いました。

グルートのキャラクターをどう分析されましたか。

表情を見ると優しい目をしているんですよね。でも、やることは本能のまま。最初のシーンではずっと水を飲んでいるし、脱出するシーンで一番最後にやるべきことを最初にやってしまったり、そういうところがかわいらしいキャラクターです。オリジナルキャスト(ヴィン・ディーゼル)は低いトーンの声だったので、そこからは外れないことは意識しながら、ナイーブさを表現したいなと思いました。とくに最後に言う言葉は、一番感情を入れて演じました。

演じてみていかがだったでしょうか。

やりすぎてもいけないし、大変でしたね。感情を込めてできる限りのことをやったので、後は観てどう感じてもらうかですね。

>どの「私はグルート」が一番難しかったですか。

最初のクイルやガモーラたちと歩きながらのやり取りも難しかったですが、やっぱり最後の一言ですね。やりがいもあったし、難しかったです。それと、水を飲んでいる時の喉を鳴らす音なども、僕が鳴らした音を使っています。普段はそういう表現をすることはないので、難しかったですね。

5人の“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のチームについてはどう思いましたか。

よく考えたなと思います。ポスターのビジュアルだけ見るとバラバラのメンバーなので突飛に見えますが、うまくキャラクターが練りこまれていると感じました。キャラクター作りに何年かけたのかは分かりませんが、すごいスタッフがそろっているなと感じました。

>もし演じるとしたら誰がいいですか?

やっぱりグルートがいいですね。人間でもこういうキャラクターを演じてみたいです。一言しか喋れないと行きすぎかもしれませんが、見た目と内面がまるで違う人物像は、自分にもそういうところがあるので、演じてみたいですね。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の見どころは?

スピーディーなところと音楽ですね。70年代の音楽は実際に映像に当ててみると合ってるなと思います。「ウガ・チャカ(フックト・オン・ア・フィーリング)」(Blue Swede「Hooked on a Feeling」)は僕も好きですし。また、その音楽はお母さんが残したカセットテープとウォークマンだということで、昔のものが未来の世界に出てくるのも素晴らしいアイディアだと思います。

本作では5人が相互に助け合いますが、遠藤憲一さんの助け合いエピソードをお聞かせください。

ドラマの現場で、とくに若い俳優と演じる時ですね。ドラマは自分だけが良ければいい、ということではなく、一緒に出ている相手も良くないといいシーンにはならないです。なので、カメラが相手を撮っている時には、演技のきっかけを出して助けてあげるほど、相手の芝居も良くなっていくし、絡んでいる自分とのシーンも良くなっていくので、とくに若い俳優とのシーンではそういうところを心がけています。

遠藤憲一さんからOKWaveユーザーにメッセージ!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は本当に家族みんなで観に来て楽しめる作品です。お母さんはハートの部分でキュンと来る部分があるし、ゲーム感覚のスリリングさは子どもたちも楽しめるし、一家そろって観に来てほしいなと思います。

遠藤憲一さんからOKWaveユーザーに質問

この映画、ヒットすると思いますか?(笑)

Information

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
2014年9月13日(土)2D/3Dロードショー

幼くして地球から誘拐され、今や宇宙をまたにかけるトレジャーハンターとなったピーター・クイル。とことん運がないくせに、自らを“スター・ロード”と名乗る男。そんな彼がある日、巨万の富を夢見て、パワーストーン<オーブ>を盗み出す。だが、銀河を滅亡させるほどの恐ろしい力を持つオーブを狙う悪党たちから追われる羽目に。
それをきっかけに、危機また危機の冒険と、宇宙存亡を懸けた戦いに巻き込まれていく。
彼がチームを組むことになったのは、刑務所で出会った宇宙最凶のアライグマやはみだした経歴を持つ仲間たち。宇宙一運の悪いトレジャーハンター、ピーター率いるチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”。
彼らは、この100%勝ち目のない無謀すぎる戦いに、果たしてどう挑むのか!?

監督・脚本:ジェームズ・ガン
出演(*括弧内は日本語キャスト):
ピーター・クイル/スター・ロード:クリス・プラット(山寺宏一)
ロケット:ブラッドリー・クーパー(加藤浩次)
グルート:(声)ヴィン・ディーゼル(遠藤憲一)
ガモーラ:ゾーイ・サルダナ(朴 璐美)
ドラックス:デイヴ・バウティスタ(楠見尚己)
ヨンドゥ・ウドンタ:マイケル・ルーカー(立木文彦)
サノス:(銀河万丈)
ロナン:リー・ペイス(白熊寛嗣)
ネビュラ:カレン・ギラン(森夏姫)

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

公式サイト:marvel-japan.jp/GOG

©MARVEL

Profile

遠藤憲一
TVドラマや映画を中心に活躍中。ナレーションも多数。「ドクターX~外科医・大門未知子(シーズン3)」出演が控えている。

http://en-ken.com/

OK LABEL

回答投稿にあたっての注意とお願い

OKStarsからの質問は、OKWave事務局(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWaveの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。原則的に回答への個別のお礼はつきません。あらかじめご了承ください。
ご回答の際には利用規約禁止事項ガイドラインに沿った投稿をお願いいたします。