OKWAVE Starsは、ここでしか読めない、俳優・女優、映画監督、アーティストへのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

OKStars Vol.466 声優 村中知

OKStars Vol.466は声優の村中知さんが登場!主演シンドバッド役を務めた公開中のアニメーション映画『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』についてのインタビューをお送りします!

Q 『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』は「世界名作劇場」シリーズを手がける日本アニメーションの40周年記念作品とのことですが、「世界名作劇場」について何か思い出などありますか?

A村中知小さい頃観ていた「小公女セーラ」には思い入れがあります。小さい頃はアニメから受ける影響が大きいですよね。小6の頃つらい思いをしていた時に、主人公のセーラが困難に立ち向かっていく姿が描かれた「小公女セーラ」を母が見せてくれて、それで強くなれたところがあります。そんな作品を作り続けてきた日本アニメーションの40周年という区切りの作品に出させていただいて本当に嬉しいです。

Q シンドバッドという題材に何かイメージはありましたか。

A『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』村中知シンドバッドという名前にはアラジンやディズニーランドのアトラクションのようなイメージしかなかったです。シンドバッドを題材にした他の作品と今回の作品を比べるようなことはなく、今回の企画書と台本を見てシンドバッドはこういう少年でこういう話なんだと受け止めました。

Q オーディションで主役の座を射止めたそうですね。どのようなオーディションだったのでしょう。

A村中知今回はスタジオでのオーディションではなく、録音した声で選考するオーディションでした。製作スタッフさんからの指示などがない中で、資料と絵柄だけで自分で構築しなければならなかったので、楽しい作業でしたけれど、どうアプローチすればいいのか悩みました。資料にあったシンドバッドの表情と台詞から、冒険に出たい気持ちをもった、素朴ないい子だと思いました。損得勘定のない素直な正義感で行動しているイメージだったので、あまり難しく考えないで、その時感じた気持ちを表に出してオーディション用の声を録りました。

Q シンドバッド役に決まった時のことをお聞かせください。

A『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』村中知意味深な留守電が携帯に残っていたんです。「村中さん、次に事務所はいつ来られますか。急ぎではないですけど、来られるときに来てください」という内容で。気になってすぐに事務所に行ったら、「受かりました!」と言われて、スタッフと抱き合いました。

Q 本番の収録はどのように進められたのでしょう。

A村中知スタジオでスタッフさんと話し合いながら構築していきました。オーディションの時と実際に録音した声とでは、細かい部分の調整はしましたけど、シンドバッドの役の印象はそんなに変わらなかったですね。

Q 難しかったところはありますか?

A『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』村中知歌が大変でした。男の子の声で歌うのは初めての経験でしたので。元の歌を薬師丸ひろ子さんが歌っていてキーが高いので、男の子が歌うようにキーを下げて、シンドバッドらしく、しかもつぶやくような歌声で、という制約もありました。アリ役の永澤菜教さんから、「お母さんはその歌を歌うのが癖で、シンドバッドはその歌を聴いて育ったから、お母さんとの別れを切なく思うところもあるし、ふっと口から出てくることもあるし、複雑な気持ちなんじゃないかな」とアドバイスもいただいて、ただ歌うだけでなくそういう感情も乗せようと、結構何度もやらせていただきました。

Q スタジオでは共演の方々とは一緒に録音されたのでしょうか。

A村中知そうです。声優を主としている人と、役者などされている方は普段あまり一緒に録音することはないのですが、今回は一緒にやった方がいいものができるだろうというスタッフさんの考えでキャストを揃えていただいたのかなと思います。ですので、ラザック船長役の鹿賀丈史さんともずっとご一緒してやらせていただきました。薬師丸さんは私とのシーンだけなのでふたりだけで録りました。

Q 何かエピソード等ありますか?

A村中知永澤さんが私に助言してくださいましたし、サナ役の田辺桃子さんが声優初挑戦ということで、ナジブ役の宮澤正さんがいろいろ教えられていたので、私は「先輩、頼りになる~!」と見ていました(笑)。私も何かできれば良かったですが、自分のことで精一杯でした。

Q ご自身の気持ちが盛り上がったシーンはありますか?

A村中知シンドバッドと母親のシーンです。母親との台詞の掛け合いを録る前に薬師丸さんが歌を録りました。薬師丸さんの隣りで生歌を聴けること自体すごいことですけど、歌のせつない内容に加えて、薬師丸さんの表現力がすごくて、これからシンドバッドは母と別れるんだという気持ちをさらに広げることができました。薬師丸さんは声の芝居は何年か振りと仰っていましたけれど、ずっとやってこられた表現力が解き放たれていたので、私もそれに乗るように演じました。ふたりきりで録ったということもあり、とても印象に残っています。一言一言に言霊が込められていて包容力があったので、「この母がいてなぜ旅に出る、息子も父も!!」と思いました(笑)。

Q 田辺桃子さんとの共演とサナ役との関係性についてお聞かせください。

A『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』村中知田辺さんに初めて会ったのはPV用の収録の時でした。初めて田辺さんのサナ役の声を聞いた時は、すごく言霊を感じました。声の仕事を続けることでマイク前の技術を習得できますが、声優初挑戦の田辺さんの場合はそれがまだなくても、彼女の声を聞いた時には鳥肌が立つようなすごさを感じました。彼女の方が10歳年下なんですが(笑)、しっかりしているなあと思いました。
役柄上では、シンドバッドとサナは不思議な出会いをしていて、シンドバッドは夢に出てくるくらい強烈な印象を感じたんだと思います。シンドバッドは田舎っぽいところで過ごして素直に自分の好奇心を育んできたんだと思います。サナは魔法族の生き残りで心を閉ざしているところがありますが、そんなふたりがうまく重なったのかなと思います。シンドバッドの純粋さがサナの心を開かせてくれたのかなと思います。

Q ストーリーについて思うところはいかがでしょうか。

A村中知小学生から高校生くらいまでの方が見たら、きっと感じてもらえる何かがあると思います。ですが親世代が見たらグッとくるものが多いんじゃないかなと思います。私もどちらかというとそちら側で、シンドバッドの母親のように送り出せるのかなと思いました。ここで描かれている別れというテーマは誰でも共感できると思います。目的を持って旅立っていく子を理解して見送る母の姿、というのは皆さんに共感してもらえると思います。

Q 本作は三部作ということですが、今後はどういう話になっていくのでしょう。

A村中知私もまだ先の話を聞いていないのですが、これは勝手な予想ですが父親が出てくるんじゃないかと思っています(笑)。それから魔法はもっと見せ場があると思います。キャラクターではアリやラザック船長のバックボーンも明らかになって来るんじゃないかと思います。

Q OKWaveユーザーにメッセージをお願いします。

A村中知『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』にはファンタジーらしい魔法やそれに立ち向かう少年の心の強さなど見どころがたくさんあります。そして旅立ちへの好奇心と別れに葛藤することなど、ふだん私たちが些細なことで感じるようなテーマが描かれています。深く考えずに観ても面白いだろうし、キャラクターの台詞を楽しんでもいいし、本当にきれいな背景の絵柄やシンドバッドやサナの衣装など、何回観ても楽しめる作品なのでぜひ観ていただけたらと思います。

Q村中知さんからOKWaveユーザーに質問!

村中知皆さんは魔法が使えたらどんな魔法を使いたいですか?

回答する


■Information

日本アニメーション40周年記念作品
『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』

『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』公開中!

母と二人で暮らすシンドバッドとお猿のミミ。船乗りの父は、幼い頃に海に出たきり戻ってきていなかったが、シンドバッドは幼い頃から海の先に広がる未知の世界に憧れていた。「絶対に僕は海の向こうへ行くんだ!」
そんなある日、木馬に乗った少女が空から現れた。少女の名はサナ。サナは伝説の魔法族の姫であり、世界中に散り散りになった仲間を探す旅をしていた。だが、彼女は隠された魔法の秘密を狙う怪しい集団に追われていたのだ。シンドバッドはラザック船長率いるバハル号の船員アリと一緒に彼女を助けるために奮闘するも彼女は連れ去られてしまう。そんな彼の行動力を見ていたバハル号の船長ラザックは彼を海へと誘う。喜ぶシンドバッドだったが、一方で母に別れを告げるのをためらっていた。“父さんが航海から戻らないのに僕まで海に出てしまってよいのだろうか?”言い出せないまま迎えた出発の朝。言葉で伝えなくても母はすでに船出の準備を整えてくれていた。「母さん…僕、行ってくるよ。」
空飛ぶ絨毯、鉄の船、襲いかかる巨大な鳥たち、そして秘密の島…。シンドバッドと魔法族の姫、二人の行く手に待ち受けるものは一体何なのか?

監督:宮下新平
シリーズ構成:川崎ヒロユキ
脚本:早船歌江子
キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤好春
出演:村中知 田辺桃子
永澤菜教 宮澤正 青山穣
鹿賀丈史
原案:「アラビアンナイト」
主題歌:whiteeeen「ポケット」
劇中歌:薬師丸ひろ子「わたりどり」
配給:イオンエンターテイメント

公式HP:www.sinbad.jp

©プロジェクト シンドバッド


■Profile

村中知

村中知12月15日生まれ、茨城県出身。
声優として活躍中。
主な出演作に【ワールドトリガー/空閑遊真】【オレカバトル/俺牙ファイヤ】【トランスフォーマーアドベンチャー/ラッセル】【アイドルマスターシンデレラガールズ/大和亜季】【エスカ&ロジーのアトリエ/ミーチェ】【黒魔女さんが通る!/岩田大五郎】など。

https://twitter.com/king_of_bath