話題の映画などの作品にまつわる、俳優・女優、映画監督、アーティストらへのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

OKStars Vol.475 女優 菜々緒

OKStars Vol.475はCS放送 女性チャンネル♪LaLa TV「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」シーズン2の第1話で主演キャストを務める菜々緒さんへのインタビューをお送りします。

Q 「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」出演回の台本を読まれた印象や感想は?

A菜々緒飼い猫のクロちゃんとの掛け合いのシーンが今までにない試みで、観ていて興味がわくシチュエーションだと思います。クロが人間に変わっているという手法なので、擬人化したクロと彼氏の慶との対比が面白いと思います。しっかりとものを言う強いタイプのクロと、甘えてくる年下でかわいらしい慶との対比が描かれていると思います。

Q 演じた美園に対して共感できる部分とそうでもない部分は?

A菜々緒ストーリーの中で男性がしている行動を見て見ぬふりをするところは、何となく私もすることなので、そうやって目をつぶってしまうところにはわりと共感できます。美園自身はかなり夢見がちでかなりフワフワしているタイプで、悪気はないけど保険を薦めてみたり、自分勝手なところがあって、好きな人に対して過度に期待してしまうところはあまり理解できないですね。私の場合は、自分を守るためでもあるのですけど、誰に対しても期待しないところがあるので、そこはあまり共通しない部分だと思います。

Q 共演された荒木宏文さん、白石隼也さん、鬼頭真也さんの印象をお聞かせください。

A菜々緒菜々緒荒木さんはクロに近いというか、親しみやすいなと思っています。セッティングチェンジの合間などに、私はついついスタッフさんの動きに変に反応してしまったりするのですが、荒木さんには「自分のおばあちゃんに似ている」と言われてしまいました(笑)。でも親しみを持ってもらう分には良かったなとは思います。白石さんは、同棲しているカップルの役柄で一番距離が近いので、お芝居の中や台詞や行動の中で息を合わせないといけないので、お芝居の中で意見交換をさせてもらった印象が強いです。相談し合ってより良くしていこうという姿勢が強かったです。鬼頭さんとはレストランの1シーンのみですが、まずコップを倒す芝居を失敗してはいけないというプレッシャーが強かったです。微妙なお見合いの雰囲気を保って、お見合いならではのお互いに良い印象でいなければならない、というところを出そうとしていました。ここはコメディ要素が大きいシーンだったので楽しく和やかでした。

Q 美園の“心の声”は演じている時も意識されていましたか?

A菜々緒そうですね、心の声に合わせて、同じ感情や表情をしなければならないので、そこは頭の中でループさせながら演じました。

Q 好きなシーンは?

A菜々緒2日間で一気に撮ったこともあって、すごく大変でどのシーンにも思い入れがあります。とくに家を飛び出して駆けながら、感情的な台詞をワーッと言うシーンは、実際にはなかなかできることではないのでそこですね。でも、精神的にも追い込まれている場面なので、美園の感情も大きく出ています。

Q 慶とクロは真逆のタイプですが、菜々緒さんが選ぶならどちらですか?

A菜々緒現実的に長く一緒にいたり結婚を考えるなら、クロのようなしっかりしているタイプを選ぶと思います。慶は真剣に自分の夢を追いかけて一生懸命やっていますが、今だけの楽しさを求めるなら慶でもいいかなとは思います。でも長い目で見たら不安かなと思います(笑)。

Q 今回のエピソードのテーマになっている浮気に対して、菜々緒さんだったら許せますか?

A菜々緒私はわりと現実的に考えてしまうタイプなので一時の気の迷いとか浮ついた気持ちというのは絶対無くはないのかなと思います。もし自分がそういうことをされたとしたら見て見ぬふりをしてしまうんじゃないかなと思いますが絶対許せない、という感情は芽生えると思いますけど、冷静に考えていくと仕方ないことなのかな、とも思います。

Q では、菜々緒さんから見て、こういうことをしてしまう男性はバカだな~と思うのは?

A菜々緒私自身が理想だと思うのが一人でもずっと楽しそうにしている人なので、バカなことをして楽しそうにしている男性を見ると、「バカだな~」とは思っても、こちらも幸せな気分になれるので、それは“良いバカ”だと思います。

Q 「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」に出てくるような女性たちに共感できる要素や似た要素は菜々緒さんにはありますか?

A菜々緒共感できる要素とそうでもないところは半々あって、私が演じた美園も、状況は違えど、友達の友達にいそう、というリアリティがいいなと思います。ですので、女性はすごく共感できるんじゃないかなと思います。要求することはそれぞれ違っていても、女性が置かれている状況的にはすごく共感できると思います。

Q ちなみに、プロポーズされない女性で思い浮かぶのは?

A菜々緒自己中心的な考えを持ちすぎて、ひとりよがりな方は男性も今後人生を共にしようという一大決心には踏み込みづらいと思いますね。

Q もし美園のように結婚を待っているような女性にアドバイスをするなら?

A菜々緒付き合っていると良いところを見せようとしてしまうと思うので、本当の自分をさらけ出して、本当の自分を好きになってもらうことが大事だと思います。良いところも悪いところもさらけ出して、守ってあげたいと思われるところまで行き着くのが大事なんじゃないかなと思います。

Q ところで、菜々緒さんは「守ってもらいたい」派ですか?

A菜々緒私も本当は守ってもらいたいと思います。けれど、割と男勝りなところがあって、守ってあげたいなと思うことはよくあります。でも、そこはお互いに支え合っていかないと、とも思います。守ってあげたい、守られたいという部分は女性と男性とで視点が違うと思うので、良いバランスで支え合うのが大事かな。お互いに歩み寄って支え合うのがベストだと思います。

Q 菜々緒さんは男性と付き合う時は、その相手と結婚までイメージしますか?

A菜々緒既婚者の方に聞くと「出会った瞬間にこの人と結婚すると思った」という人が何人かいました。でも、まったく意識していなかった、という人もいて、私もどちらかと言うと後者です。最初に出会った時に直感でその人と結婚すると思うことは無いと思います。自分は順序を経てそこまで辿り着く方かなと思います。

Q プロポーズされたい言葉、または逆にするとしたら言いたい言葉は?

A菜々緒「幸せにするよ」とは言われたいですね。素直にズバッと気持ちを伝えられたいです。長々と気持ちを伝えられたらこれは告白なのかプロポーズなのかちょっと悩んでしまうので、不意打ちのようでも短いワードで言われた方がグッと来ると思います。私が男性だとしたら、やっぱり短い言葉で伝えると思います。

Q 菜々緒さんご自身のことをうかがいますが、いま一番やりたいことは?

A菜々緒仕事では、役柄ではアクションだったり、今回の美園のような強くない普通の女の子とか、演じていない役はまだまだあるだろうからいろいろ演じたいです。それと舞台は経験がないので演じてみたいです。初めての時は緊張するだろうけど、お客さんの存在を肌で感じる経験をしてみたいです。プライベートではインドア派なので、アウトドアのことも頑張りたいです。

Q 菜々緒さんからメッセージをお願いします。

A菜々緒男女関係や自分の願望を押し付けてしまったり、理想が高すぎて自分の首を絞めているような、誰しもが経験しているようなリアリティのあるストーリーなので、自分自身を重ね合わせて観てもらうと面白いと思います。それと、飼い猫のクロと会話をするシーンは面白い見どころだと思いますので、ぜひ面白く見ていただけたらと思います。

Q菜々緒さんからOKWaveユーザーに質問!

菜々緒皆さんは浮気に関する修羅場はどんなことがありましたか?

回答する


■Information

CS放送 女性チャンネル♪LaLa TV「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」シーズン2

2015年9月2日(水)スタート!毎週(水)23:00~/毎週(土)(日)23:00~放送
※放送は1話3エピソード収録、1話30分

“未婚のプロ”ジェーン・スー原作、女性たちから大きな支持を得る“逆”結婚指南書「私たちが プロポーズされないのには、101の理由があってだな」を豪華俳優&スタッフを迎えてドラマ化!待望のシーズン2がいよいよ9月放送スタート!ついに101本のエピソードが完結する!

原作:ジェーン・スー「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ社刊)
出演:浅見れいな、芦名星、池田鉄洋、臼田あさ美、貫地谷しほり、小池栄子、酒井若菜、佐々木希、佐藤仁美、釈由美子、城田優、中村倫也、夏菜、菜々緒、渡部豪太  ほか(五十音順)
監督:石井聡一、大内隆弘、片山雄一、川村泰祐、佐藤二朗、城田優、たかひろや、鶴岡慧子、マギー、村本大志、本橋圭太 (五十音順)
脚本:新井友香、池田鉄洋、狗飼恭子、佐藤二朗、ジェーン・スー、たかひろや、樋口七海、ふじきみつ彦、マギー、松田沙也、渡辺千穂 (五十音順)
音楽:アゲハスプリングス
主題歌:Charisma.com『アラサードリーミン』(ワーナーミュージック・ジャパン)
オープニングテーマ:土岐麻子『セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~』(rhythm zone)
制作協力:ホリプロ
製作:アスミック・エース
製作著作: 女性チャンネル♪LaLa TV

番組ページ:http://www.lala.tv/watapro2/index.html

Ⓒ女性チャンネル♪LaLa TV

<第1話菜々緒主演回>
9月2日(水)23:00~ 他放送

「彼の浮気を許し続けた。もしくは、あなたの浮気がバレ続けた。」
「そういうテクニックにひっかかる男は、全員バカだと思ってしまう。」
「彼に『保険に入れ』と言ったことがある。」

出演:菜々緒、白石隼也、荒木宏文、鬼頭真也
脚本:松田沙也
監督:川村泰祐


■Profile

菜々緒

菜々緒1988年10月28日生まれ、埼玉県出身、O型。
2009年より本格的に芸能活動を始め、同年「第7回ミス東京ガールズコレクショングランプリ」を受賞。
現在は雑誌『GINGER』(幻冬舎)のレギュラーモデルを務める他、各種ファッション誌、CM、バラエティに出演、女優としても幅広く活躍中。

http://ameblo.jp/nanao-blog/