話題の映画などの作品にまつわる、俳優・女優、映画監督、アーティストらへのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.529 タレント 野呂佳代(ミュージカル「アニー」)

OKWAVE Stars Vol.529はミュージカル「アニー」に出演する野呂佳代さんへのインタビューをお送りします!
また、「アニー」制作発表の模様もお送りします!

Q 「アニー」出演が決まった時のお気持ちは?

A野呂佳代信じられない感じでした。ロケの時に出演が決まったことを聞いて、嬉しくてその日のロケは絶好調でしたけど、その後は今日まで本当なのかな、という気持ちもありました。

Q 30年以上続いている「アニー」についてのご感想をお聞かせください。

A野呂佳代ミュージカルそのものは実は観たことがなかったですが、ドキュメンタリーが好きで、子役にも興味があったので、『アニー』のドキュメンタリー番組はよく観ていました。出演している子どもたちがみんなすごくて、自分が子どもの頃に何ができたかなと思わず振り返ってしまいます。子どもたちから学ぶことが多いだろうなと思っています。

Q 今回演じられる“セクシーなリリー”役についてはいかがでしょうか。

A野呂佳代(「アニー」)野呂佳代世間からは私のことを“面白くしたい女”のように思っているかもしれませんけど(笑)、ダンスをしていた時はセクシーに見せようと思っていましたし、SDN48やAKB48で歌っていたのも女性らしい歌詞の歌が多かったんです。今回はその時のことを思い出しながら、今できる魅力を出していけたらいいなと思っています。TV番組の私の印象で「お前のどこがセクシーだ」と言う人もいるかもしれませんが(笑)、歌って踊っていた私をもう一度見せられるように頑張りたいです。

Q 「アニー」の物語にはどんな印象を持たれましたか。

A野呂佳代ハッピーエンドですけど、お話自体は実は暗いんですよね。でも、アニーの性格の前向きさと歌声でそう思わせない作品です。幸せさを感じさせる音楽が多くて、前向きになれます。楽しく生きることがとても伝わるミュージカルなんじゃないかなと思います。

Q 共演の方々とどんな舞台にしていきたいですか。

A野呂佳代皆さん舞台やお芝居に慣れている方がほとんどだと思います。私はTVの仕事が中心で、久々の舞台ですし、ミュージカルは本当に久しぶりです。皆さんのレベルに到達しないと、というプレッシャーもありますが、自分オリジナルのリリーが作れたら良いなと思います。ステージで踊るのは3年以上のブランクがあるので、感覚を早く取り戻せたらいいなと思います。皆さんから学ぶ部分があると思うので、表現者として舞台に楽しく立つことを新たに加えながらやっていきたいと思います。

Q 作品のテーマの“前向きさ”をどのように表現したいですか。

A野呂佳代(「アニー」)野呂佳代私が前向きに考えようとする時のプロセスとアニーが前向きに考える時のプロセスは全く違うんです。アニーは目の前で起きていることの理由を自分なりに考えながら前に進もうとしています。でも、私の場合は前向きになろうとした時は、嫌なことを踏み倒していくような感覚なので(笑)、もう少しアニーのように立ちふさがっているようなものをかき分けていくような想像力を持てたらいいなと思います。アニーの前向きさは目標になる前向きさだと思いますし、アニーのような考え方をしたいと思っています。

Q アニーのような性格の子どもに憧れたりしますか。

A野呂佳代自分自身で答えを導き出せる子はすごくいいなと思います。アニーと接しているだけで自分も前向きになれそうな気がします。

Q ご自身が前向きさや明るさを感じた出来事は最近ありましたか。

A野呂佳代やっぱり食べている時が幸せなんです(笑)。月1回くらいお友達といいお店に行って美味しいものを食べて前向きな気持ちになろうと。そのためにも今はしっかり働かなければならないし、たとえ嫌なことがあっても、自分が選んだ仕事なんだから、楽しくできるようにして、美味しいものを食べに行こう、と前向きに捉えています(笑)。私もそろそろ年齢的にも高いお店に行ってもいいだろうから、それを励みに頑張っています。

Q OKWAVEユーザーにメッセージをお願いします。

A野呂佳代「アニー」は「明日を信じてあきらめない!」をキャッチフレーズに、とても前向きで、明日の希望を持った作品です。私も毎日やっていることでこれは嫌だなと思うこともたくさんありますが(苦笑)、私はここ数年はバラエティ番組も一所懸命頑張っているけど、いつかミュージカルをやりたいと思っていたので、私なりの「明日を信じてあきらめない」ということを実現しました。皆さんも、この作品を観て、生きるのが楽しくて明日が来るのが待ち遠しい、と思ってもらえるように、私も作品に力を入れていきます。

Q野呂佳代さんからOKWAVEユーザーに質問!

野呂佳代
夢を追っているうちに、現実に気づく時があると思いますが、前向きな諦め時っていつだと思いますか?

やりたいこととできることの見極めをどうしているのか、皆さんの考えを聞かせてください。

回答する

>「アニー」制作発表&囲み取材レポート!


■Information

丸美屋食品ミュージカル「アニー」

ミュージカル「アニー」

2016年4月23日(土)~5月9日(月)新国立劇場 中劇場

舞台は1933年のニューヨーク。世界大恐慌直後の街は、仕事も住む家もない人であふれていました。誰もが希望を失っているなか、11歳の女の子アニーだけは元気いっぱい。11年前、孤児院の前に置き去りにされたというのに、いつか両親が迎えに来ると信じて、逆境にひるむことなく前向きに生きています。
そんなある日、大富豪オリバー・ウォーバックスの秘書グレースに気に入られたアニーは、クリスマスの2週間をウォーバックスのもとで過ごすことに。明るいアニーに孤独な心をなぐさめられたウォーバックスは、アニーを養女にしたいと思うようになります。しかしアニーは、本当の両親と暮らすという夢をあきらめきれません。その強い気持ちに打たれたウォーバックスは、懸賞金をかけて彼女の両親を捜すことにします。
ところが、それを知った孤児院の院長ミス・ハニガンと弟ルースター、その恋人のリリーは、懸賞金目当てに悪だくみを始めて……。アニーの夢はかなうのでしょうか?

演出:ジョエル・ビショッフ

キャスト:河内桃子(こうちももこ)/池田葵(いけだあおい)
三田村邦彦、遼河はるひ、木村花代、大口兼悟、野呂佳代、園岡新太郎 ほか

全席指定:8,500円(税込)
◆アニーDAY:4月27日(水)13:00公演/17:00公演
ご観劇の皆さまに「アニーのくるくるウィッグ」他をもれなくプレゼント(入場チケット持参で当日のみ引き換え)
♥スマイルDAY:4月28日(木)13:00公演/17:00公演、全席指定:6,500円(税込)

キョードー東京:0570-550-799
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/annie


■Profile

野呂佳代

野呂佳代(「アニー」)1983年10月28日生まれ、東京都出身。A型。
2000年、芸能界デビュー。2006年、第二期AKB48追加メンバーオーディションに合格、チームKとして活動開始。2009年、SDN48のキャプテンとしても活動開始。2010年にAKB48を、2012年にSDN48を卒業。その後、TV、舞台で活躍。現在もバラエティなどで人気を博している。
http://ameblo.jp/norokayoblog/