話題の映画や作品等にまつわる、俳優や映画監督、アーティストら“Stars”へのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.530 ダンスカンパニー バーン・ザ・フロア(『バーン・ザ・フロア NEW HORIZON』)

OKWAVE Stars Vol.530はバーン・ザ・フロアのパスクアレ・ラロッカさん、ヴィクトリア・マーティンさん、マイキー・イントローナさんへのインタビューをお送りします。また、スペシャルサポーターはるな愛さんが参加した『バーン・ザ・フロア NEW HORIZON』制作発表・囲み取材の模様もお送りします。

■インタビュー

Q 日本公演の意気込みをお聞かせください。

Aバーン・ザ・フロアヴィクトリア・マーティン日本のお客様は世界でも最高だと聞いています。日本のお客様の前でパフォーマンスするのが待ち遠しいです。それと来日したら、日本のいろいろな料理にもチャレンジしてみたいです。

パスクアレ・ラロッカ僕は2年前にこのカンパニーに加わりました。その時から日本の皆さんの前でパフォーマンスすることはとても刺激的だと聞かされてきました。僕はアジアという違う文化に対して表現することに興味を持っています。日本に来たらいろいろな人に会って、文化や国民性の違いを経験しながら新しいことに挑戦したいと思います。

マイキー・イントローナ自分にとっては今回が2回目の来日公演となります。前回初めて日本で歌を歌いましたが、お客様は自分のことを知っているかのように温かく迎えてくれました。今度の来日公演が決まってとても嬉しかったです。なぜなら世界で一番の素晴らしいお客様がいると分かっているからです。日本のお客様は公演の楽しみ方を知っていると思います。パフォーマンス、劇場というものをどう受け止めればいいか分かっている方々だと思います。自分も今回の公演を楽しみたいと思います。そして前回を超えるような経験をしたいと思います。

Q いろんなスタイルのダンスを披露されますが、バーンザ・フロア・カンパニーの一番の特色は何でしょう?

Aバーン・ザ・フロアヴィクトリア・マーティン新しいショーではいろいろと進化しています。セットもそうですが、衣装は全部新しくなります。それから私たちにはシンガーがいますので、彼が入ることでまた音楽も変わります。このショーはダンサーだけのショーではないんです。一つ一つの要素がつなぎ合わさってひとつのショーになります。後はサプライズも楽しみにしていてください。

パスクアレ・ラロッカ「NEW HORIZON」は刷新されたショーなので僕らも喜んでいます。今までと全く違う要素が舞台上で見られると思います。新しいセット、衣装、ダンサー、この2、3年の間にバーン・ザ・フロア自身も進化していますし、ストーリーラインも進化しています。今回、最初から物語が進展していくので、それを楽しむことができます。内容の多くは愛がテーマです。ダンサーには一人一人にキャラクターの役割があります。それぞれのキャラクターや、ミュージシャンたちがつなぎ合わさって、一つのショーになります。その中にはもちろんセクシーな要素もたくさん入っています。

マイキー・イントローナシンガーの目線から話すと、今回は新しいムードになっています。ダンサーはただ踊るだけではなく、演じる要素も入っています。演じることでお客様の心を舞台上に惹き込もうと思っています。バーン・ザ・フロアは虹のように様々な色があります。箱のなかに色んな物が詰まっていて、その箱から願い事や夢や希望が飛び出すようなものです。僕らはいろいろな世界を旅しているような気分なので、それをお客様と共有できればと思います。

Q 世界各地をツアーされていて、お客様の反応が印象的だった国はありますか。

Aバーン・ザ・フロアヴィクトリア・マーティンそれぞれの国で反応が全然違います。アメリカのお客様は騒ぐだけ騒いでハッピーになってくれます。

パスクアレ・ラロッカ海上クルーズでのショーではいろいろな客層の方がいるのでまた様子が変わってきます。ヨーロッパは少し気難しいかな。「一体何ができるんだ?」と値踏みされているような感じです。南アフリカに行くと衣装と良い音楽だけでハッピーになってくれます。日本のお客様は一緒にノッてくれて一体になってくれます。でも中国では都市ごとに全然違います。騒いでくれるところもあれば、最初から最後まで静かに鑑賞するところもあります。

マイキー・イントローナ今回の「NEW HORIZON」という作品は騒いでハッピーになれる作品です。前回は少し静かな印象だったので、今回アジアをツアーして各地で一緒に盛り上がってくれています。
自分たちの目線ではお客様は3種類に分けることができます。まず、シャイで最初から最後まで静かに鑑賞する人たち。こういう方たちはオペラなどに馴染んでいる方々ですね。1曲終わるごとに拍手してくれます。2つ目はロックコンサートに行くような方たちで、そういう人は最初から最後まで騒いで盛り上げてくれます。そして最後がこの2つのミックスになったような方たちですね。そのバランスが大切で、僕たちのショーではコンサートのように一緒に盛り上がってくれたらと思います。興奮できたり面白い場面がたくさん舞台上で繰り広げられますが、それもお客様との関係性が大事だと思っています。舞台で起こっていることにお客様が反応してくれて、僕らもエネルギーがもらえます。それでステージ上で起こっていることをもっと拡散していくことができるんです。

Q 皆さんはどのようなトレーニングを積んでいるのでしょう。

Aバーン・ザ・フロアヴィクトリア・マーティンやり方は一人一人違いますが、私の場合、公演によって変えています。ウォーミングアップ、ストレッチ、ダンスパートナーであるパスクアレとのトレーニングが基本で、私は普段はジムに通っていません。筋肉がつきすぎても困るので(笑)。もちろん、私の踊る役柄がもっと強いキャラクターならジムにも通いますし、もっと伸びやかなパフォーマンスが必要ならヨガやピラテスもやります。演じる曲に合わせてトレーニング方法を選んでいます。

パスクアレ・ラロッカこのショーではたくさんのことを要求されます。肉体的にも精神的にもきちんとした状態でショーに臨まなければなりません。それには毎日の過ごし方が大切です。食事や睡眠、それから僕はジムに週3、4回通います。それによって強さやスタミナを養います。そうすることでパフォーマンスのレベルアップにつながります。僕たち男性陣は見た目も大切なので、こういう“ホット・ボディ”を作らなければなりませんね。とくに男性ダンサーは要求されるものが多いんです。常にステージ上にいますし、動きも多いです。なので、毎晩お酒を飲むようなことは避けて(笑)、きちんと睡眠をとることが素晴らしいショーをお届けすることにつながります。それに加えて、カンパニーでのリハーサルを毎日行って、今のショーにつながっています。

マイキー・イントローナ素晴らしいパフォーマーになるには3つ大切なことがあります。まずは練習。2つ目はDNA(笑)。そして3つ目は普段からの振る舞い方です。このショーに出ているメンバーは自然とその3つが備わっています。でも、それを横に置いてリラックスする日も大切です。時にはジャンクフードを食べることも大切です(笑)。

Q OKWAVEユーザーにメッセージをお願いします。

Aパスクアレ・ラロッカ僕はこの中では一番新しいメンバーです。加入する前に一ファンとして何度もショーを観てきました。バーン・ザ・フロアのショーは立体的なドアだと思っています。ショーを観ることで、そのドアが開いて世界が広がっていきます。ショーの間に世界中を旅をするんです。そのショーに関わっているみんなが家族になったり、兄弟になれるのが魅力です。

マイキー・イントローナバーン・ザ・フロアのショーを観たことがない人には、ぜひ劇場に来ていただきたいです。きっと今までとは違う世界が広がっていますので。そして今まで何回も観てくださっているファンの皆さんには、今回はセットも衣装も変わりますし、キャストも替わっています。新しいところを楽しんでもらいたいです。僕は日本に住みたいくらいですが、来日して皆さんに早くお会いして、いろいろな経験をしたいです。

ヴィクトリア・マーティンこのショーに関わるひとりひとりが全力を注いでいます。老若男女関わりなく、みんなが楽しめるショーです。自分自身、このショーに参加できていることを光栄に思っていますので、皆さんもぜひ楽しんでほしいです。

Qバーン・ザ・フロアの皆さんからOKWAVEユーザーに質問!

ヴィクトリア・マーティン皆さんオススメのワインバーを教えてください。

パスクアレ・ラロッカ僕はファッションが大好きで日本のブランドではヨウジヤマモトとかも大好きです。知る人ぞ知るようなものでもいいので、ぜひ日本の注目のブランドを教えてください。

マイキー・イントローナ相撲はどこに行けば観られますか?それと僕がコンサートをやったら皆さん観に来てくれますか(笑)

回答する


■バーン・ザ・フロア「NEW HORIZON」制作発表・囲み取材
はるな愛さん(スペシャルサポーター)、バーン・ザ・フロア
バーン・ザ・フロア

Q はるな愛さん、バーン・ザ・フロアの皆さんと踊った感想をお願いします。

Aはるな愛夢の様な気分でした。私は毎月、ニューヨークにダンスレッスンに行っているのですが、以前から注目していた世界トップレベルのバーン・ザ・フロアの皆さんとまさか一緒に踊れるなんて思っていませんでした。すっごく楽しくて幸せでした。

パスクアレ・ラロッカ一緒に踊れてとても楽しかったです。とてもラブリーな人柄なので彼女がいるだけで周りが明るくなるし、楽しい経験でした。

Q バーン・ザ・フロアの魅力は?

Aはるな愛女性が大胆でセクシーですごく美しいです。男性はロマンティックで肉体もパワフルで見ていてうっとりします。ダンスのことを知らない人でもこのショーを観たら、子どもからご年配の方まで、幅広い年代の方が盛り上がるんです。数々のステージを踏んでいるから盛り上げも上手いし、とにかく爽快なステージです。今回、上海の公演を観てきましたが、すごく感激しました。こんなに楽しいステージはないので皆さん楽しみにしていてください。

Q ダンスの魅力は何だと思いますか?

Aはるな愛身体ひとつでこれだけ表現できるのかということですし、美しさも魅力です。バーン・ザ・フロアの皆さんは身のこなしもポーズも全てパーフェクトです。私はミーガンさんのパートを今回踊らせてもらいましたが、リハーサルで彼女の横で踊っていたら、彼女とのヒップラインが全然違うんです。他の皆さんも腹筋などの筋肉もすごいし、何もかもパーフェクトですね。


■Information

『バーン・ザ・フロア NEW HORIZON』

バーン・ザ・フロア東京公演:2016年4月9日(土)~13日(水)東急シアターオーブ
大阪公演:2016年4月15日(金)~18日(月)フェスティバルホール

「バーン・ザ・フロア」は1999年イギリスでの初演以来、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジア、アフリカなど、世界中で公演。2009年にはニューヨーク・ブロードウェイ公演、2010年、2013年にロンドン・ウエストエンド公演で成功を収めるなど、ショービジネスの中心でもその実力を証明しています。日本においても2002年以来、8度に渡る来日公演で45万人以上もの観客を魅了してきました。
9度目の来日公演は舞台・楽曲・衣装などイメージを大幅刷新。「NEW HORIZON」と題し、ボールルームダンスの黎明期を華麗に表現したり、現代的なダンスで盛り上げたり、ありとあらゆるダンススタイルが凝縮されたステージです。

チケット(未就学児入場不可):
・東京公演:S席12,000円、A席9,500円、B席7,500円
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)
・大阪公演:S席12,000円、A席9,500円、B席7,500円、BOX席15,000円
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

企画・招聘:関西テレビ放送

公式サイト:http://www.ktv.jp/btf/