話題の映画や作品等にまつわる、俳優や映画監督、アーティストら“Stars”へのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.555 女優 武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)

OKWAVE Stars Vol.555は「ワカコ酒 Season2」(2016年4月27日、DVD-BOX発売)主演の武田梨奈さんへのインタビューをお送りします。

Q 出演にあたって、「ワカコ酒」原作の印象はいかがだったでしょうか。

A武田梨奈肩の力を抜いて観られる作品だと思いました。ふとした時にいつでも観られる作品なので、どうやって実写で演じようかと思いました。

Q ワカコのキャラクターをどう受け止めましたか。

A武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)武田梨奈ワカコはどこにでもいるような身近な存在の女の子だと思いました。見た目も性格もそんなに派手ではないし、ひとりで居酒屋にいてもあまり違和感のない女性だと思います。そういうところを意識して、リアリティを重視して演じました。

Q “ひとり飲み”について何かイメージはありましたか。

A武田梨奈この作品に出て、自分もひとり飲みするようになりました。完全にワカコの影響でひとり酒ばかりしてますね(笑)。

Q ではシーズン2が決まった時の感想をお聞かせください。

A武田梨奈決まった時はもちろん嬉しかったですけど、シーズン1との差をどうつけようかと思いました。もっと面白く観てもらうにはどうすればいいだろうと、監督たちとも話し合いました。「ワカコ酒」はワカコの日々のストーリーでもあるので、大きく何かを変えるのではないけれど、シーズン2ではちょっとしたワカコの成長は見せたいと思いました。飲み方ひとつとっても、私自身、シーズン1の時にお酒の飲み方を覚えて、ひとりでお酒を飲みに行くようにもなりましたので、飲み方に関しては個人的にもパワーアップしたんじゃないかなと思います。

Q どんなところに重点を置いて演じましたか。

A武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)武田梨奈飲み方に関しては、シーズン1の時は丁寧に飲んでいたのですが、ひとりで居酒屋さんに行った時に他のお客さんの飲み方を見て研究もしましたので(笑)、実際にビールを飲む時に少しずつ飲むようなことはないと思い至りました。見た目を気にしつつも、もっと喉を鳴らして飲もうとか、美味しそうに見える飲み方を追求しました。

Q 撮影はどのように進められたのでしょう。

A武田梨奈ほとんど順撮りです。ワカコのモノローグに沿って、お料理を食べたり、飲んだりしています。この「ワカコ酒」のこだわりは、本物のお酒をいただいて本当に飲んでいることです。お料理も本物ですので、実際に食べたり飲んだりするのは本番の撮影の時だけです。ですので、本番で食べた時のリアクションは結構リアルです。私自身、苦手な食べ物はないので、出てくるお料理は全部いただきました。

Q ちなみにお好きなお酒は何でしょう。

A武田梨奈最近はホッピーとハイボールです。冬は3日に1回は熱燗を飲んでいました。私の親友はビールしか飲めなかったのですが、私が熱燗を飲んでいるのを見て美味しそうだと興味を持ったので飲ませてみたら、そこから一気にハマって、一緒に飲みに行く時には必ず熱燗を頼むようになりました(笑)。

Q シーズン2で印象的だったお料理は何でしょう。

A武田梨奈第1話のアジフライは定番メニューではあるけれど、すごく大きくてびっくりしました。食べ応えはあるし、あらためて揚げ物とビールは合うなと感じました(笑)。その撮影では最初の一口に合わせて、ビールをジョッキ半分くらい飲んでしまったので、第1話から結構酔っ払ってしまいました(笑)。

Q お店で印象的だったところはいかがでしょう。

A武田梨奈シーズン1に引き続きですが、作品ではワカコが常連で通っている逢楽(あらく)というお店になっている魚貞さんですね。毎回メニューも違っているし、店舗も逢楽と似た雰囲気です。ああいう大将がいるといいなと、理想の居酒屋だと思いました。

Q ご自分でも行きつけの居酒屋などありますか。

A武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)武田梨奈ワカコのように常連のお店があるというのも憧れだったので、シーズン1で行かせていただいたお店に行ったり、自分で行きつけのお店を見つけたりもしました。

Q ところで、ご自分でお料理を作ったりしますか。

A武田梨奈実はお料理は全然してこなかったです。でも、最近、自分でも作り始めて、友達の家でパスタを作ってみんなに食べてもらったりしました。最初は普通のメニューを覚えようと思いましたが、お酒の肴メニューをたくさん覚えて作っています。とくにシーズン1に出てきた「ぶりんご」というお酒のおつまみにハマって、よく作って食べています。

Q もしシーズン2のお店で「一軒だけもう1回行ける」としたらどこを選びますか。

A武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)武田梨奈第5話の中華料理の麻布長江さんです。すごく高級な中華料理店なので、自分へのご褒美に行ってみたいなと思いました。

Q 各回、店員役などで出演されていたゲストの方々との共演はいかがでしたか。

A武田梨奈今回はシーズン1よりもゲストの方が多くて、ワカコと絡むシーンも多かったのですごく楽しかったです。ほっこりする瞬間が現場で何度もありました。ゲストの方は撮影期間が短いですけど、すごく仲良くしていただきました。「この現場は珍しいね」と言って帰っていかれる方が多かったので、独特の現場だったんだろうなと思います。

Q 「ワカコ酒 Season2」への出演を通して、何か新しい気づきはありましたか。

A武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)武田梨奈シーズン1をきっかけに私もひとり酒にハマってよく飲みに行くようになりましたが、ひとり酒と言っても実際にはひとりではないんだと、このシーズン2の撮影を通して思いました。お料理を作ってくれる人がいたり、案内してくれる人や横で飲んでいる人があってのひとり酒なので、もし周りに誰もいなかったら寂しいだろうなと思います。私は周りの人を見ているのも楽しいし、いろんな発見もあるので、ひとり酒の違う意味も知りました。

Q 作品と離れた質問ですが、武田梨奈さんが最近気になっていることは?

A武田梨奈強い女性を皆さんどう思っているかです(笑)。今年25歳になりますが、ずっと空手をやってきて「強い」というだけでまず男性が寄ってこないです(笑)。女性から見ても身体的に強い女性はどう思われているのかなと、ちょっと不安です(笑)。

Q 武田梨奈さんからOKWAVEユーザーにメッセージ!

A武田梨奈「ワカコ酒 Season2」はふとした時にでも観られる作品です。連続ドラマは全話を観ないと話が通じないものもありますが、「ワカコ酒」はそれこそ順番を気にしなくても楽しめます。その日の気分で、肩の力を抜いて、ぜひ観てほしいです。きっと皆さんの癒しになると思います。

Q武田梨奈さんからOKWAVEユーザーに質問!

武田梨奈24歳の女の子が居酒屋のカウンターでひとりでお酒を飲んでいたら、皆さんどう思いますか(笑)

回答する


■Information

「ワカコ酒 Season2」

武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)2016年4月27日(水)セルDVD-BOX発売 12,312円(税込)
4枚組/本編Disc3枚+特典Disc1枚、全12話

2016年5月3日(火)レンタルDVD vol.1~vol.5リリース

村崎ワカコは酒と料理が何より大好きな26歳。偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。
ワカコは職場での出来事に想いを巡らせたり、他のお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。
時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜む。
そんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がピッタリと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。ワカコ、至福の瞬間である。

シリーズ構成:阿相クミコ
脚本:阿相クミコ 女里山桃花 スギタクミ
監督:久万真路 湯浅弘章 齊藤勇起
出演:武田梨奈、野添義弘、鎌苅健太ほか

発売元:2016「ワカコ酒2」製作委員会
販売元:エスピーオー

http://www.cinemart.co.jp/wakako_zake2/

©新久千映/NSP 2011 ©2016「ワカコ酒2」製作委員会


■Profile

武田梨奈

武田梨奈(「ワカコ酒 Season2」)1991年6月15日生まれ。神奈川県出身。AB型。
10歳から習い始めた空手は、琉球少林流空手道月心会黒帯の2段。『ハイキック・ガール!』(09/西冬彦監督)にて主演デビュー。2013年「第1回 ジャパンアクションアワード」にて『最優秀ベストアクション女優賞』、2014年はゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて今後が注目される女優として、ニューウェーブアワード女優部門賞、「第24回 日本映画プロフェッショナル大賞」にて『新進女優賞』を受賞。また海外でもアメリカ最大規模のジャンルムービー映画祭「Fantastic Fest」にて『コメディ女優賞』を受賞。 2015年には映画『進撃の巨人』(樋口真嗣監督)など7本の映画に出演し、9月には主演映画『かぐらめ』とdTVオリジナル「進撃の巨人 反撃の狼煙」の演技が評価され、ロサンゼルス日本映画祭にて最優秀主演女優賞を受賞。2016年は日本×ミャンマー合作映画『ヤンゴン ランウェイ』『海すずめ』など主演映画の公開を控えている。

http://ameblo.jp/rina615/