話題の映画や作品等にまつわる、俳優や映画監督、アーティストら“Stars”へのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.658 モデル emma(ビジュアルスタイルブック『emma』発売インタビュー)

OKWAVE Stars Vol.658はオールセルフプロデュースのビジュアルスタイルブック『emma』(発売中)を発売したモデルのemmaさんのインタビューと発売イベントの模様をお送りします。

Q 「ViVi」のおしゃれ番長として活躍中のemmaさんですが、今日のファッションのポイントを教えてください。

Aemma今日発売のこの本の表紙の蛍光ピンクと青という色に合わせて決めてきました。印象的な表紙なので。大きいリボンが特徴です。

Q ビジュアルスタイルブック『emma』が完成して、発売されましたが、ご感想をお聞かせください。

Aemma約2年前に最初の打ち合わせをして、実際の製作期間としては半年ですが、ようやく今日が来たなという気持ちです。まだちょっと実感がないけれど、今日、実際に本を買いに来てくれた方へお渡し会をさせていただいて。やっといままで頑張って作っていったものを届けられる日が来たんだという感じがしています。皆さんからいただく感想がすごく楽しみです。

Q コンセプトを教えてください。

Aemmaコンセプトは今までにないものを、というのと、人がやってないことをやりたいというのが根本にあります。それと、全部一度自分で挑戦してみたいという思いがあって。私はモデルとして出る立場で、いつもやらせていただいていますが、今回は自分で写真を撮りに行ったり、スタイリングをしてみたり、編集作業も含めてぜんぶ自分でやってみました。モデルをしながら、裏方のお仕事をやるということで、セルフプロデュースも含めてやった本なので、コンセプトを決めるといった新しいことにも挑戦しました。いままでにない本、私はビジュアルスタイルブックと言っていますが、そういう本になっていると思います。この本を読んで、誰かの何かのきっかけになったり、何かの刺激になったらうれしいなと思います。私のファンは女性が多いので、この本から新しいガールズカルチャーが発信していったら面白いなという想いも込めています。

Q どんな構成の作品にしようと思いましたか。

Aemmaモデルをはじめて5年目です。いままでいろんな撮影をさせてもらって、日々やっていくなかで、私だったらこういう風にしたいというのが、今までたくさんありました。それをぶつけた一冊になっています。初めての挑戦ですが、ここにどういう文字を入れるのかだったり、写真のセレクトとか、編集のお仕事も、一つ一つ自分でやらせていただきました。1ページ、1ページこだわっています。それがコンセプトになっていると思います。
作る前には他のモデルの子に聞いたりもしましたが、撮影の量はすごく多いです。撮影しつつ、作っていますし、セレクトも自分でしたので全部好きな写真です。
やるからには意味のあるものにしたくて、ひとつひとつこだわりました。1つ1つの企画に、私の考えていることも載せているので、セクシーなカットを載せた企画では今まで話したことのない恋愛観のようなものにも触れたり、撮影を通じて伝えたかったメッセージ性もあるものになったと思います。

Q 作品作りはどんなモチベーションだったのでしょう。

Aemma文化服装学院もそういう気持ちで通っていましたし、ものづくりはずっと好きでした。それで、やるのだったら自分でやろう、自分でやれないのならやらなくていい、という気持ちでした。他のモデルの子にはできないことをやろうと思いました。

Q 作る上でとくに大変だったことは何でしょう。

Aemma普段のお仕事との両立が大変でした。半年間はこの本のことしか頭になくて、毎日ギリギリまで夜中まで起きて作業していました。その一方で、他のお仕事もやっていたので、両立が大変でした。撮影だけじゃなくて撮影が終わった後も本の構成などをやっていたので、それが一番大変でした。

Q お気に入りの1枚はどのカットですか?

Aemma表紙です。すごく悩みましたが、表紙としてはなかなか無いのかな、と思っています。ちょっと変わった表紙にしようと思ってあえて目線を外した、この写真を選びました。また、蛍光ピンクという本もなかなか無いと思うので、本屋さんで一番目立ってやろうと思って選びました。すごく気に入っています。

Q 製作を通して、新しい気づきなどはありましたか。

Aemma人に伝える難しさは感じました。私はシャイなところがあって、人に何かを伝えたりをしないタイプです。撮影の時も意見を言うことはあまりなかったんですが、誰かが言ってくれていたりするのはそろそろ卒業しようと。今回の本は自分がやりたいと言い出した責任もあるし、自分から伝えないと始まらないので、やりながらすごく勉強になりました。

Q 点数をつけるとしたら何点でしょう。

Aemma100点だと思います。自分で言うのも何ですが。私一人だけで作れたものではなくチームで作り上げて、本当に頑張ったし、宝物になるファーストブックになったと思うので、100点です。

Q オールセルフプロデュースという形で手掛けられましたが、今後プロデュースしてみたいこと、プロデュースしてみたい人はいますか。もし「A-STUDIO」で共演中の鶴瓶さんで今後本を作るならどんな作品にしたいですか。

Aemma鶴瓶さんも普段から私服がすごくおしゃれで、取材に行くときは私服で行かせてもらうんですけど、すごくおしゃれでファッションが好きなんだなと思います。たとえば私がスタイリングをして一緒に撮影ができたら面白いかもしれませんね。2人でお揃いコーディネイトとかできたら楽しいかなって思います。

Q 一つ作品を作り終えて、新しい目標は出てきましたか。

Aemmaこういうプロデュース業のようなことは楽しかったので、今後も続けたいです。私は本や雑誌が大好きなので、それを自分一人で全部作ることができる楽しさがあるので、それこそまたすぐ本を出したいです(笑)。
他にも、MCのような話す仕事ももっとやりたいですし、今回いろんなところで話す機会があったので、もっと皆さんに知ってもらいたいです。

Q emmaさんからOKWAVEユーザーにメッセージをお願いします。

Aemmaいろんな“かわいい”や“格好良い”が詰まっている本です。いままで話してこなかった“emmaってこんな子”ということがすべて載っています。モデルを始めて5年、生まれて23年のすべてが詰まった一冊目なので、ぜひ読んでほしいです。買って損はないです!

QemmaさんからOKWAVEユーザーに質問!

emma女性が1人でも行ける都内の焼肉屋さんを教えてください。

回答する


■Information

ビジュアルスタイルブック『emma』

発売中!

雑誌ViVi専属の人気No.1 モデル・emma
2017年を代表するおしゃれ番長が提案する初のビジュアルスタイルブック
全160ページの企画、スタッフキャスティング、撮影ディレクション、写真セレクト、ページの構図や構成に至るまでのすべてをemma自身が発案・監修。ピンク、バッドガール、セクシー、ファミリー、ナチュラル、ビューティー、憧れの人、えまなな、という様々なテーマで撮影を行い、各テーマに沿って国内外問わず活躍する気鋭のクリエイター、アーティストたちと一から作り上げられた1冊は、クリエイティブなエネルギーに満ちた見応え十分な内容に。
さらに、これまで自ら撮り溜めてきた写真を切り貼りしたスクラップページや、手書きの文字デザイン、私物のシールでの装飾など、独自のセンスを生かしたオリジナリティ溢れるデザインも見どころ。上京時の想い、恋愛のこと、モデルという仕事についてなど、パーソナルな部分も凝縮。
既存のオシャレやカワイイの概念を覆す、新時代のガールズカルチャーの象徴〝emma〟そのものが凝縮されたポップで鮮烈な1冊!

価格:1,852円+税(税込2,000円)
サイズ:B5変形
ページ数:160ページ
発行:SDP

SDP公式 HP:http://www.stardustpictures.co.jp/book/2017/emma.html 


■Profile

emma

1994年4月1日生まれ。北海道出身。O型。
文化服装学院卒業。
2013年雑誌「装苑」で表紙を飾りプロモデルとしてデビュー。2014年より雑誌「ViVi」で専属モデルを務め、東京ガールズコレクションなど数多くのファッションイベントに出演。J-WAVE「SONAR MUSIC」出演中、2017年4月からTBS「A-Studio」9代目アシスタントMCとして出演中。

https://twitter.com/okss_emma_2121
https://www.instagram.com/okss2121