OKWAVE Starsは、ここでしか読めない、俳優・女優、映画監督、アーティストへのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.752 プロフィギュアスケーター 村上佳菜子(「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」スペシャルサポーター)

OKWAVE Stars Vol.752は「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」スペシャルサポーターに就任した村上佳菜子さんへのインタビューを送りします。

Q 「バーン・ザ・フロア」のスペシャルサポーターに就任されましたが、これまでにご覧になられたことはありましたか。

A村上佳菜子小学生の頃に観に行ったことがあります。衣装や音楽、演出といった全てに圧倒されました。とくに衣装がすごいなと思いました。スケートで使う曲も多かったので、「この曲でこんな使い方もあるんだ」と勉強にもなりました。

Q ダンスそのものはスケートの練習でやることもあるのでしょうか。

A村上佳菜子それこそ小学生の頃は近所のダンススタジオに居座るくらいにダンスが好きでした。タップダンスや社交ダンス、バレエ、ヒップホップ、さらに器械体操もやりました。やはり、スケートのためになりますし、そのために何でもやっていました。

Q ダンスとスケートの共通点はどんなところでしょう。

A村上佳菜子たくさんあるんです。フィギュアスケートは競技ですけれど、音楽があって、それに合わせるところは、ダンスとも共通しています。曲に合った衣装を作るという点も同じですし、表情もそうです。競技ではなくアイスショーなら演出も共通しています。そんな全てにおいての共通点がこの「バーン・ザ・フロア」にはあるので、スケーターとしても最初から最後まで目が離せないダンスエンタテインメントだと思います。

Q 「バーン・ザ・フロア」のダンサーは競技ダンス界トップレベルが集まっているとのことですが、村上さんもまたフィギュア競技者を経てアイスショーに出られています。その立場で注目しているところなどはいかがでしょうか。

A村上佳菜子競技の場合は点数につながることをやらなければなりませんが、ショーではそれがないので芯から弾けて演じることができます。「バーン・ザ・フロア」はそういう弾けたプロダンサーの集まりだと思いますので、きっとダンサーの皆さんにとっても気持ちいい舞台だと思います。フィギュアスケーターもエキシビジョンやアイスショーでは気持ちよく滑っているので通じる部分は多いですね。点数がつかない分、たとえ失敗してもそれを演技につなげてしまうこともできるし、自分の得意な技をたくさん入れられますし、自分の魅力を存分に出せるのかなと思います。

Q 「バーン・ザ・フロア」のダンサーの方々は体型も美しいですが、その点での魅力についてお聞かせください。

A村上佳菜子(「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」)村上佳菜子ボディビルダーさんの筋肉は見せるためにつけてきたものですが、ダンサーの筋肉はスケーターにも共通しますが、動きの中でついてきたものなので、より繊細な筋肉だと思います。だからこそ動きにキレがありますし、どんな時にも対応できる体幹もできています。見せるだけではない、使える、かつきれいな筋肉が女性も男性もついていますので、マダムの方々は観ていて嬉しいところだと思います。ダンサー1人1人の身体の動かし方、筋肉のつき方も見どころの一つだと思います。いつの間にか向きを変えているような、身体の切り替えの速さは、培ってきた実力と筋力が一つになったものを競技としてやってきたからこそで、そんなダンサーたちが見せるショーなので、素晴らしいとしか言いようがないです。ぜひ皆さんに観ていただきたいですね。

Q 「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」をご自分ではどう楽しみたいですか。

A村上佳菜子昔見た感覚とは違う見方になると思います。今は自分で振付をすることもありますし、そういった部分でもたくさんのことが勉強になると思っています。それと、曲の切り替えの部分などをどう作っていくのだろうとか、会場からダンサーが出てきてくれたらいいなとか、そんな演出も楽しみにしています。「Joy of Dancing」というタイトルなので、まさにどういう楽しみ方を提供してくれるのかに期待しています。

Q 村上さんご自身はプロフィギュアスケーターになられて新しい発見などはありましたか。

A村上佳菜子改めてフィギュアスケートの楽しさに気づきました。競技をしている頃は点数にとらわれすぎていたのかなと思いました。フィギュアスケートの魅力は技術と芸術が合わさったところなので、引退をしてプロフィギュアスケーターとして立ってみてそれを再確認できました。いまはスケートをすごく楽しんでできていると思います。

Q 最近はTV番組のMCをされたり、新しい挑戦をされていらっしゃいますが、そこでの気づきなどはいかがでしょう。

言葉で表現することは難しいなと感じています。TVに出させていただいて、共演者の皆さんから学べることがたくさんあります。ただ、本当に面白くて毎回楽しんでお仕事をさせていただいています。毎日が充実した1日を過ごせているので、1年があっという間だと感じています。

Q 村上佳菜子さんからOKWAVEユーザーにメッセージ!

A村上佳菜子「バーン・ザ・フロア」は大好きなショーだったので、まさか自分がこういう立場で携われるとは思っていなくて、心から嬉しくてありがたいなと思っています。小さな子からおじいちゃん、おばあちゃんまで、一度は観に来た方がいいと思います!観ていて楽しくなりますし、踊り出したくなりますし、圧倒されるようなショーになると思います。

Q村上佳菜子さんからOKWAVEユーザーに質問!

村上佳菜子「バーン・ザ・フロア」は素晴らしいダンスエンタテインメントですが、皆さんはどんなダンスショーを観てみたいですか。
私はラテンダンスや、コンテンポラリーも観てみたいと思います。

回答する


■Information

「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」

「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」1999年の初演以来、世界トップレベルのダンサーたちによる圧倒的なパフォーマンスで、ブロードウェイをはじめ、幾度となくワールドツアーを行い、世界30ヵ国以上で観客を熱狂の渦に巻き込んできた「バーン・ザ・フロア」。
そんな至極のダンスエンタテインメント集団がお届けする最新作は、カンパニーの創設20周年とともに、2002年の初来日以来、今回で10回目の来日を迎えるスペシャル・アニバーサリー公演!

東京公演:2018年5月17日(木)~21日(月)全8回 東急シアターオーブ
料金:S席12,000円、A席9,500円、B席7,500円、エキサイティングシート20,000円(全席指定、税込)※未就学児入場不可
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)

大阪公演:2018年5月25日(金)~28日(月)全6回 フェスティバルホール
料金:S席12,000円、A席9,500円、B席7,500円、BOX席15,000円、エキサイティングシート20,000円(全席指定、税込)※未就学児入場不可
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

https://www.ktv.jp/btf/

企画・招聘:関西テレビ放送

「バーン・ザ・フロア」特番放送決定!
ようこそ! 踊る大豪華客船へ
~紫吹淳・村上佳菜子・アンタ柴田も燃え上がる!『バーン・ザ・フロア』最新情報~

<関西エリア>4月21日(土)10:25~10:55 関西テレビ
<関東エリア>4月21日(土)27:55-28:25 フジテレビ
※放送時間は変更になる可能性があります。


■Profile

村上佳菜子

村上佳菜子(「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」)1994年11月7日生まれ、愛知県名古屋市出身。
スケートをしていた姉の影響で3歳からスケートを始める。2009年JGPファイナルで優勝。2010年に世界ジュニア選手権優勝。2010~2011年シーズンGPシリーズアメリカ杯で優勝し、グランプリファイナルでは銅メダルを獲得。2013年の全日本選手権で総合2位となり、2014年ソチオリンピックに出場。同年の四大陸選手権にて初優勝。世界選手権には5回出場し、最高順位は5位入賞。
2017年4月23日に競技生活から引退を表明。現在はプロフィギュアスケーターとして様々なアイスショーで活躍中。また、日本テレビ「メレンゲの気持ち」のMCを同年10月より務め、TV、イベントなど様々な活動に挑戦中。

http://www.kanako-murakami.com/