OKWAVE Starsは、ここでしか読めない、俳優・女優、映画監督、アーティストらへのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.815 女優 桜井ユキ(テレビドラマ「柴公園」)

OKWAVE Stars Vol.815はTVドラマ「柴公園」(放送中)に出演の桜井ユキさんへのインタビューをお送りします。

Q 柴犬との日常を描いた本作ですが、犬はお好きでしょうか。

A桜井ユキもともと好きでスムースチワワを飼っていました。実家に連れて帰ったら親が溺愛してしまって、いまでは実家の犬になってしまいました(笑)。

Q では、本作の出演についてのご感想をお聞かせください。

A桜井ユキ撮影がすごく楽しみでした。ワンちゃんたちはすごく優秀で、撮影がこんなにスムーズに進むのかと驚きました。言うことをすぐ聞いてくれるし、みんなプロでした。

Q “ポチママ”役を演じられましたが、ポチ役の犬とはすぐに仲良くなれましたか。

A桜井ユキ(TVドラマ「柴公園」)桜井ユキ撮影前と撮影後にかならずワンちゃんと撮影場所の公園を一周散歩していました。渋川清彦さん、大西信満さん、ドロンズ石本さんもそうされていたそうです。
クランクインしたばかりの頃はすぐには懐いてくれなかったです。ポチ役のパコちゃんは“プロ犬”なので、最初は「誰だお前は」といった感じで顔も見てくれませんでした。一週間くらいしてようやく目を合わせてくれて、そこからは一緒に遊んでくれるようにもなりました。パコちゃんは表情豊かではないですけれど、すごく人間ぽいワンちゃんでした。

Q 演じられたポチママはどんな役どころでしょうか。

A桜井ユキポチママはコミュニケーション障害だと最初に言われました。引きこもりがちで人と上手に話せなくて、外の世界と触れ合うことを拒んでいる、という設定です。見かねたお母さんからポチを与えられて、外の世界と触れ合っていきます。台本を読んで、ペットの存在ってすごいなと思うことが度々ありました。ポチの存在で、他の人との関係性が築けている場面が何度も出てきます。最後の方にはポチママは行動的になりますし、6月公開の映画版ではさらにポチママの世界が開けていきます。ポチママに限らず、毎話みんな成長していくので、楽しめる内容だと思います。

Q この作品では演じる上でどんなところに気を使いましたか。

A桜井ユキ生まれてくる感情をあまり表情や動きに出さないように、いかに引き算をするか、というところです。もちろんポチママの中ではちゃんと感情が動いているので、その按配には気を使いました。自分の隣りにポチがいることで、ポチのリアクションに助けられることも多かったです。

Q 柴犬の飼い主同士の会話劇が繰り広げられますが、普段のお芝居と比べていかがでしたか。

A桜井ユキ(TVドラマ「柴公園」)桜井ユキセリフをしゃべるタイミングでワンちゃんが急に何か始めたりするので、ワンちゃんがいることで予定調和にならずに、いい感じの臨場感が出たと思います。ワンちゃんたちが普段どおりではない要素を与えてくれるので、新しい経験ができましたし、全体を通してすごく良かったなと思います。普通のワンちゃんだったらもっと時間がかかったとは思いますが、プロ犬なので、言うことを聞いてくれるし、ワンちゃん待ちの時間はほとんどなかったです。無邪気にアドリブを続ける人が隣りにいる感じでした(笑)。

Q 「柴公園」の各話の見どころを言い表すと?

A桜井ユキやはり3人のまじわり具合です。ゆるい、という言葉でもない魅力があります。それぞれにこだわりや大切にしているものがあって、自分の意見を言い合っているような、おじさん3人が何かやっている様子が見られます。
ポチママとしては、ポチによって外の世界と触れて、渋川さん演じるあたるパパをはじめ、3人と接していくことで、人に対する警戒心が自分でも気づかないペースで変化していきます。その様子が魅力であり、見どころになるかなと思います。

Q 撮影中に何か面白い出来事はありましたか。

ATVドラマ「柴公園」桜井ユキみなさんのワンちゃんへの溺愛ぶりです(笑)。渋川さんとは以前に共演させていただいたこともあって、キリッとされているイメージだったのが、ワンちゃんと触れ合ってのデレデレ具合がすごかったです。犬は人をこうもさせるのかと思いました。

Q 本作に携わって、新しい発見などはありましたか。

A桜井ユキ動物の威力、ですね。子どもがいる時と似ていて、撮影現場に動物がいるかどうかで、現場の雰囲気がずいぶん変わったと思います。撮影は寒い季節でしたし、タイトなスケジュールの日もありましたが、そんな中で動物がいると、たとえ大変でもワンちゃんたちのおかげで和むことも多かったので、動物の偉大さを感じました。

Q 桜井ユキさんからOKWAVEユーザーにメッセージ!

A桜井ユキおじさん3人の成長ぶりと、あたるパパがポチママに興味を抱いたときのあたるパパのかわいさに注目してください。演じる渋川さんがとってもかわいいので、私の中ではそれが一番の見どころだと思っています。皆さんにもぜひ観ていただきたいです。

Q桜井ユキさんからOKWAVEユーザーに質問!

桜井ユキワンちゃんを家の中で飼っていらっしゃる方にお聞きしたいです。
ワンちゃんが屋内のトイレで用を足した後、飼い主の皆さんはワンちゃんのおしりをフキフキするのかどうか、いかがでしょうか。

回答する


■Information

連続ドラマ「柴公園」

TVドラマ「柴公園」テレビ神奈川 毎週木曜23:00〜
他各局

日常の発見をひたすら考察、時に議論は白熱、魂のやりとりさながらの凌ぎあいに発展。
しかし、それはただの「ダベリ」。おっさんらには、何の目的もなっしんぐ。
「どうでもいい。」がゆるせない。なにげに尊いおっさんたちの公園シバイヌライフがはじまる。

渋川清彦
大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 蕨野友也
小倉一郎 螢雪次朗 山下真司 佐藤二朗

監督:綾部真弥/田口 桂
企画:AMGエンタテインメント
製作:「柴公園」製作委員会

https://shiba-park.com/

(C)2019「柴公園」製作委員会


■Profile

桜井ユキ

桜井ユキ(TVドラマ「柴公園」)1987年2月10日生まれ、福岡県出身。
初主演作『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミットオブスリーピングビューティ』が2017年に公開。2018年はTVドラマ「モンテクリスト伯」、映画『娼年』『サクらんぼの恋』『真っ赤な星〜A CRIMSON STAR』等に出演。