OKWAVE Starsは、ここでしか読めない、俳優・女優、映画監督、アーティストらへのインタビューと、彼らからの「質問」に「回答」できるOKWAVEの特別企画です。

Vol.890 俳優 結木滉星(映画『下忍 青い影』について)

OKWAVE Stars Vol.890は映画『下忍 青い影』(2019年11月15日公開)主演の結木滉星さんへのインタビューをお送りします。

Q 本作の主演についてどう感じましたか。

A映画『下忍 青い影』結木滉星時代劇は初めての挑戦だったので撮影前からずっとワクワクしていました。着慣れていない着物なのでなるべく早く慣れようとしたり、アクションの練習をしたりと、この作品の現場に入るまで常に動いていました。

Q 武術や剣術など様々なアクションについてはいかがでしたか。

A映画『下忍 青い影』結木滉星アクション練習はクランクインの1ヶ月くらい前から始めていました。最初は竹刀を振るっただけで筋肉痛になりましたが、アクションチームの皆さんが優しく、分かりやすく教えてくださったので、疲れても全然苦しくなかったですし、本当に楽しかったです。刀は順手と逆手で動きが違うので、それに慣れるのには少し時間がかかりました。

Q 演じた尚(しょう)についてお聞かせください。

A結木滉星尚は若いのに人間ができていてすごいなと感じました。それは、尚が琉球にいた過去につらい出来事があったからなので、観ている人にとって一番共感できるキャラクターだと思います。尚と同じ気持ちになって次の展開を想像しながら観ていただけると、より楽しめると思います。

Q 本作は9月に公開された『下忍 赤い影』(2019年12月4日レンタル開始)の前日譚となっています。場面がシンクロしているところもありますが、撮影はどのように進められたのでしょう。

A結木滉星同時並行ではなかったです。『青い影』の撮影から始まって、途中からは『赤い影』を全部撮って、また『青い影』の撮影に戻りました。作品の時間軸が異なるので尚の感情をとらえるのは大変でした。

Q 演じる上で大切にしたことは。

A映画『下忍 青い影』結木滉星ナツと隆正の存在が尚の原動力になっているので、常に尚の中にこのふたりのことがあることを意識しました。
『青い影』はまだ成長しきっていない尚の物語なので、台本のどのあたりから尚の成長した姿を見せるかについて監督と意見交換できたのが良かったです。
『赤い影』は同じ世界観ですが、映画としては別物のような作品になっています。尚の役柄もいい意味で別人に見えますので、そこはこの2作品を観ていただく魅力のひとつだと思います。

Q 時代劇ならではの動きや撮影はいかがでしたか。

A結木滉星演じたのが忍者なので、それほど所作の制約がなく、アクションもむしろ自由に動けました。
日光江戸村にはこの撮影で初めて訪れましたが、風情や歴史を感じました。昔は町並みにこういう店があったのだろうなと思いを馳せるのは楽しい経験でした。

Q 撮影で印象的だったことなどお聞かせください。

A映画『下忍 青い影』結木滉星実は本作の終盤のワンカットアクションをワンカットで撮るということは急に決まったことなんです。演じる前はプレッシャーや怖さがありました。本番一発勝負になって始まった時の緊張感は今でも忘れられません。そして終わった後の達成感に変わった時には、本当に演じきれてよかったと思ったので、印象深いです。

Q 本作の見どころはいかがでしょう。

A結木滉星この映画で尚はいろんな人と関わっているので、僕自身、演じていていろんな気持ちを味わうことができました。毎日違う方と芝居ができて新鮮な気持ちでいられましたし、それぞれの接し方やテンションが違うので、そんなところを感じてもらえたらいいなと思います。

Q 本作出演を通じて新しい学びなどはありましたか。

A映画『下忍 青い影』結木滉星今回は初めての挑戦ばかりだったので何もかもが新鮮でした。これまでもアクションの経験はありますが、やはり坂口拓さん監修のアクションは違いましたし、今の自分の年齢で時代劇の主演で演じさせていただくのは難しいところもありましたがすごく達成感がありました。撮った映像がつながったものを観た時には自分自身、感慨深かったです。僕のことを知らない方がこの映画を観ても「今の若者はすごいな」と思ってもらえるのではないかと思います。
個人的にはアクションが楽しいと改めて感じたので、アクション作品にはまた出演したいなと思っています。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」、「カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-」」の出演を経て、この『下忍』の撮影だったので、それぞれ異なった役を演じることができるのは役者としてありがたいことですし、今後もさらに役の幅を広げていきたいです。

Q 結木滉星さんからOKWAVEユーザーにメッセージ!

A結木滉星すでに公開されている『下忍 赤い影』で尚のキャラクターを観ていただいた方には、『下忍 青い影』を観ていただくことで、尚のキャラクターの背景への理解が深まると思います。尚によりフォーカスした本作ですので、尚の苦労を知った上で『赤い影』での振る舞いの意味を感じ取ってもらえたらうれしいです。ぜひ尚のことを見届けてほしいです。

Q結木滉星さんからOKWAVEユーザーに質問!

結木滉星1時間くらい空き時間ができた時、皆さんは何をしていますか。自分はスキマ時間の過ごし方が得意ではないので皆さんがどうしているのか知りたいです。

回答する


■Information

『下忍 青い影』

映画『下忍 青い影』2019年11月15日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか公開

幕末、討幕前夜。時代の変革の裏には、もうひとりの忍びの影があった。
幕末。倒幕を狙う薩摩藩士たちの狼藉で庶民の暮らしが脅かされている時代。琉球武術の使い手、尚は、薩摩藩士・隆正と諍いの果て、不穏な空気が漂う江戸に流れ着いていた。尚はある日、女郎屋に売られた少女・千と出会うが、その影には、西郷隆盛から指令を受けて江戸の動乱に拍車をかけたい隆正の姿があった。因縁の再会を果たした時、尚の心の奥底に青白い火が灯った。そしてその火を見透かした勝海舟は、尚に時代変革の着火剤として働くよう密命を下した。

結木滉星 寛一郎 三上紗弥 菜 葉 菜 山本千尋 行平あい佳 榊英雄 須賀貴匡 津田寛治
監督:山口義高
アクション監修:坂口拓
企画・配給:AMGエンタテインメント

https://genin-movie.com/pc/blue/index.html

『下忍 赤い影』

2019年12月4日(水)DVDレンタル開始

(C)2019「下忍」製作委員会


■Profile

結木滉星

結木滉星(映画『下忍 青い影』)1994年12月10日生まれ、大分県出身。
2012年よりテレビドラマ、舞台など俳優として活動する。2017年、舞台ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“進化の夏”の赤葦京治役で注目を集める。2018年、スーパー戦隊シリーズ第42作「快怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のパトレン1号/朝加圭一郎役でドラマ初主演を務める。その後にはドラマ「カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-」(19)に出演。2019年10月から舞台『里見八犬伝』に犬飼現八役で出演中。また、連続ドラマ「あおざくら防衛大学校物語」(MBS)が現在放送中。

https://www.stardust.co.jp/section2/profile/yukikosei.html
https://www.instagram.com/kouseiyuki_official/?hl=ja